〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 

広報わかざくら №41

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数9516051
Since 2010/04/01

ログイン

検索

入試関係イベントのお知らせ
平成31年度入試に向けてイベント開催のお知らせ。

 学校説明会・入学説明会・地区別学校説明会の日程を掲載しました。
   詳細はこちらをご覧ください。 => 
詳細
   地区別学校説明会の詳細はこちら => 詳細
 
国際交流プロジェクト


 

活躍する生徒たち
.
 
新着情報
 RSS
【4年生】英国研修旅行A班通信⑤ 3日目前編
パブリックスペース
05/27 16:59
【4年生】英国研修旅行A班通信④ 2日目後編
パブリックスペース
05/27 13:39
【教務】本日の主な行事等(5/27・日)
パブリックスペース
05/27 07:41
【4年生】イギリス研修旅行B班通信:ロンドン到着!
キャンパスライフ
05/27 07:18
【4年生】英国研修旅行A班通信③ 2日目前編
パブリックスペース
05/26 19:49
【4年生】英国研修旅行A班通信②
パブリックスペース
05/26 13:49
【4年生】イギリス研修旅行B班通信
キャンパスライフ
05/26 08:04
【教務】本日の主な行事等(5/26・土)
パブリックスペース
05/26 07:41
【4年生】英国研修旅行A班通信 ①
パブリックスペース
05/25 10:36
【教務】本日の主な行事等(5/25・金)
パブリックスペース
05/25 07:40
日誌
佐日中等教育学校だより2017
12345
2018/05/27new

【4年生】英国研修旅行A班通信⑤ 3日目前編

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんおはようございます。

現地滞在3日目。
今日は朝から晴れ間が見え、涼しい風の中にも心地よさを感じます。
でも、空を見上げると積乱雲が…しかも雷鳴が聞こえるという。
今日は、実は午後の遠足のタイミングで大雨雷注意報が出ているのです。
雨男は誰だー!!とはいいませんが、事故・怪我なく過ごしていきたいです。
体調不良もなく、元気に過ごせています。

昨晩のRSTでの観劇の終了時刻が10:30だったこともあり、学校に集合した生徒たちの表情には幾分の疲れが見え隠れします。
でも、顔を合わせば、昨日の食事の話題や、観劇の話など、盛り上がる題材がおおくあるようですね。

朝の学校の中庭。

チャールズ皇太子が訪問された時の写真がポスターとして飾ってありました。
伝統を感じますね。

ちょっとここで学校探訪を。
この学校King Edward 6th Schoolはその名の通り、1537年に生まれたテューダー朝の王様の名を冠した学校です。

彼は父親 ヘンリー8世の死去に伴い、弱冠9歳にして王に即位した人物のようです。

この学校は幼いシェイクスピアが学んだ学校として有名であり、かつ彼が学んだ街にある学校ということもあり、芸術 特に演劇にとても力を入れている学校です。欧米系の学校にはよくありますが、演劇の授業がカリキュラムに組み込まれており、誰でも学ぶことができます。実際、校舎内のあちらこちらに生徒が作成したポスターや看板が掲示されていました。

教員の休憩室にも。「祖国のために死ぬことは美しき異なり=pro patria mori」






生徒の作品展示も同時に行われていました。


B班も無事に到着し、研修をスタートしているようです。
A班も負けずに一生懸命楽しんでいきましょう。
疲れが出てくる頃ですので、自分の所持品の管理を気をつけたいものです。
16:59 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2018/05/27new

【4年生】英国研修旅行A班通信④ 2日目後編

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんお待たせしました。

2日目 後半の内容をレポートいたします。
午後になり、集合写真を撮影したところで、こんどは別の場所へ移動します。
そこは「Guild Chapel」と呼ばれる古びた場所。
ここは何かと言うと、Shakespeare本人がまさに学んでいた建物そのもの。
いまは見学用の施設となっています。
中に入ると…

当時の学校で教鞭をとる先生役に扮した方が講義を行ってくれました。
16世紀当時のこの学校は6歳から14歳までの男子が通っており、その学ぶ内容はギリシャ語とラテン語でした。当時、その言語は人としての生き方を先人から学ぶこともさることながら、聖書や各種書物を読むのに必須の知識だったようです。
当然、現在のような紙製のノートは存在せず、木でできた小型の板にロウを塗り、木の枝でガリガリとその言語を書きなぐる、というものだったようです。
また、現在は英単語として使われている単語が実はラテン語に語源があるものなどを紹介していただきました。
とても興味深い時間でした。

さて、次はかねてより予定していた二階建てバスでのストラトフォード周遊です。
この時間になると空は心地よい晴空に変わっており、むしろ暑いくらいでした。
でも、眼下に広がる広大な自然、緑あふれる大麦畑をみるにつけ、本当に幸せな気持ちになりました。



さて、バスでの周遊も終わり、お待ちかねの班別研修です。
生徒たちは街中に消えて行き、それぞれ楽しい時間を過ごしたようです。
その後を教員も追いかけましたが、ほとんどどの生徒にも会うことができず。
街中は晴れていたこともあり、さらに土曜日であることも相まって大変な盛況ぶりでした。

公園内のShakespeare像。

Avon川および公園

ちょっとした路地にある家屋

生徒たちは6:45の再集合時間に遅れることなく、Royal Shakespeare Theaterに集合しました。正直な話、自主研修中に何か問題が発生しないか不安でしたが、なにもありませんでした。それどころか全員が時間を厳守したこと、とても嬉しく思います。
今回の研修旅行でのメインイベントの一つ、RSTでの観劇です。
この劇場は街の中の中心的建造物として有名で、イギリス国内だけではなく、世界中からファンが押し寄せます。もちろんロンドン市内にも劇場はありますが、やはり本場であるストラトフォードで観るのが格別なのだとか。
残念ながら館内は厳格に写真規制がしかれ、写真がとれませんでしたので、外観だけ。


この劇は7:15分の開演、10;30終演という比較的長い時間での上演でした。
この劇場は3階構造になっていますが、なんと我々の座席は1階の前から3列目!!
俳優たちの息遣いやすべての所作が間近で観ることができました。
時差ボケもあり、途中夢の中に落ちた人もいたとかいないとか…。
それでも、本場の劇場を訪れ、大人の時間の過ごし方を知れたという意味では、とても有意義な時間であったのではないでしょうか。
その後、各ミニバスで自宅へと向かいました。

13:39 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2018/05/26new

【4年生】英国研修旅行A班通信③ 2日目前編

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは(現地ではおはようございます)。

本日、2日目を迎えました。
昨日の到着から怒涛の勢いで今朝を迎えました。
生徒たちは多少時差ボケが残っていることでしょう。

今朝は残念ながら春の日差しがある素敵な天気とはなりませんでした。
朝から曇天模様で、生徒には少々残念なことでしょう。
でも「これぞイギリス」といわんばかりの天気。
持ち前の明るさで元気に乗り切ってもらいたいものです。

さて今日から3日間のストラットフォード滞在がスタートです。

今日はKing Edward 6th Schoolにて開校式が行われ、英語レッスンが開始となります。

午後は街中の班別研修、夜にはRSTでの「リア王」観劇と盛り沢山の内容。


生徒たちは予定通り、ミニバスにて学校に集合します。




なんとか昨晩ホストファミリーと英語で会話し、コミュニケーションをとり、友達と今朝再びの再開となり、その喜びもひとしおでしょう。

今日は開校式からスタートします。
全員がホールに集合します。
この歴史ある学校に、制服をしっかり着込んだ生徒たちが揃う姿は壮観です。

さて開校式がスタートし、校長先生の英語スピーチから始まります。
司会は1組の本庄くんが立派に務めました。
生徒代表のスピーチは同じく1組の山崎さんが素晴らしい内容で務めてくれました。



現地コーディネーターのイアンさん(長年本校の研修旅行を支えて下さっています)から激励のスピーチをいただき、また3日間の講師の紹介がありました。

この先生方も長年本校の研修旅行を支えて下さっており、ある種、本校生徒よりも佐日のことをご存知かも。

本日は授業が2時間。
主に自己紹介や、イギリス文化、家族、食事など内容は多岐に渡ります。
明日、明後日にはイギリス音楽についての授業もあるようで、音楽好きにはたまらない内容でしょう。




生徒たちは、「普段の英語と全然違う!!」「何を言っているのか上手く聞き取れない!」などと嘆いているものもいましたが…。

でも、授業合間の休み時間にこの笑顔が見れればきっと大丈夫でしょう!!

お昼ご飯はこの学校の食堂でいただきました。
少しバタバタしており、十分に写真がとれませんでしたが、一枚だけ。
このように、サンドイッチとか果物が多いようです。


食事の後はやっと、ストラットフォードでの自主研修です。
生徒たちもこの時間を心待ちにしていたと思います。
その前に、校舎前で集合写真をパチリ。

19:49 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2018/05/26new

【4年生】英国研修旅行A班通信②

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

羽田空港を離陸してから生徒たちは各自の方法で時間を過ごします。
眼下に広がるユーラシア大陸の景色を肉眼で確認した時の興奮は忘れることができないでしょう。


機内食を愉しみながら、また、映画などを愉しみながらなんとか時間をやり過ごしました。
蛇足ですが、最近の機内食は本当に進化していて、とっても「美味しい」というのが最初の感想です。
カレーやラーメンまで、幅が増えましたね。



ご飯は美味しくとも…本当に疲れました…。

でも、ついに、ついに到着したのです!!

そう、ここはイギリスのヒースロー空港。

生徒たちの表情はというと、疲れ切った顔をしている者、ウキウキの表情をしている者、不安そうな表情を浮かべている者。本当に様々。

引率教員はというと、「お風呂に入りたい」というのが正直な感想でしょうか。


事前の予報では、ロンドン近辺はとても冷えるということでしたが、到着時はそれほどではありませんでした。

日本の4月上旬というところでしょうか。


ヒースロー空港ではドキドキの入国審査。

もしかするとファーストイングリッシュを使った者もいるかもしれませんね。

やはり世界でも指折りの国際空港。

厳重な警備体制には驚かされます。

余談ですが、ヒースロー空港やロンドン市内は、世界でも最も監視カメラの数が多いそうです。


ヒースロー空港でスーツケースを受け取り、無事に入国できた一行は専用バスにて一路ストラトフォード・アポン・エイボンへ。

途中一度トイレ休憩をしました。

オックスフォードにあるサービスエリアでは各自が飲み物を購入したり、お菓子を買ったりして、ほぼ全員がファーストショッピングを楽しみました。


ストラトフォードに到着するころには、時刻は夜7時を過ぎていました。

これから数日お世話になるホストとの緊張の対面です。

ファーストエンカウンター!!

やはり初対面は笑顔が肝心。

みんな笑顔で!!















さて、生徒たちは明日からめくるめくイギリス生活が始まります。

体調、安全面に十分に配慮し、楽しい研修にしていきたいものです。

明日は、King Edward 6th Schoolへ。

あのシェイクスピアが学んだ学校での英語授業そして市内観光です。

しかも夜にはRoyal Shakespeare Theatreにて「リア王」の観劇です。

イギリス人に広く愛され、誇りでもあるシェイクスピア。

どんな素晴らしい体験が待っているのでしょうか。


では、また明日お伝えします。

B班の皆さん、明日が出発ですね。

気をつけて!!


さっきから「ファースト」と言っていますが、イギリスに初めて降り立ったわけなので当然すべてが「初」なわけです。人生において記憶に残る1日となったのは間違いないことでしょう。


13:49 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2018/05/25new

【4年生】英国研修旅行A班通信 ①

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
皆さんおはようございます!!

ついにこの日がやってまいりました。
そう、英国研修旅行です!
今日はA班出発の日。
朝9時に羽田空港に集合し、各種手続きを行いました。
学校からのバスは首都高での事故渋滞により、少しの遅れがありましたが、無事に全員集合できました。

朝の集合時。


羽田空港にて。

さぁ、ここから楽しくも学びの多い研修旅行が始まります。
安全に配慮し、楽しんでまいります!





10:36 | 投票する | 投票数(19) | コメント(0)
12345



 

▼こちらから、過去の「佐日中等教育学校だより」がご覧いただけます▼

             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。