◆佐野日本大学中等教育学校 入試広報室◆
電話番号 0283-25-0111(代)
  お問合せ時間>平日9:00~18:00
 
 
〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
 ℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 


 

  ▶ 平成29年10月2日 更新 ◀
 

☆ ネットワークカード ☆

 
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 
 
▼文化祭・体育祭顕桜祭2017
 

 ▲本校への編入学についてはこちら▲
 

広報わかざくら №38

 
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
市民講座「佐野学
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数8391534
Since 2010/04/01

ログイン

検索

海外姉妹校の話題

姉妹校
12345
2017/12/15new

【国際交流】アメリカ研修通信11 引率者所感

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

現地滞在も四日目を迎え、参加生徒たちも空気や水に慣れてきたようです。
そうすると今まで見てきた景色の見え方も変わり、様々な意見を述べる様になってきます。
そのような自然発生的な変化はよくあることで、我々も前向きに捉えます。
しかし、今回の研修で求めているのは、そこからもう一歩前に突っ込んだ自発的・意図的な変化です。

この変化はどの生徒にも簡単に起こるものではなく、何かのきっかけで生徒の精神や心に深く響くファクターが必要です。
それがあって初めて思考を深め始めます。
今回の研修では、そこを求めて生徒たちと多くの時間を過ごしています。
毎朝提出を求めているジャーナルでも多くの変化が見て取れるようになりました。
本日が研修折り返し地点。
更なる変化を求めて、更なる学びと気づきを求めて進んでまいります。





00:33 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/12/14new

【国際交流】 アメリカ研修通信⑩ いざ、Washington D.C.へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

今朝は本当に寒かった!!
耳や鼻が真っ赤になるほどです。
でも、その分空は素敵な青空。朝焼けも鮮やかでした。


さて、今日は待ちに待った首都ワシントンD.C.へ遠足です。
ところで、D.C.とは何の省略でしょうか?
District of Columbia のことで、日本語ではコロンビア特別区などと呼ばれており、政治や経済、また国防に関するすべての機関が集まる街です。
そこに向けての道中、生徒たちはというと…元気そのもの!


車窓から日本「あるもの」を見つけ、全員驚いてしまいました。
それは…

なんと公文です!まさかフィラデルフィアの地にも根付いていたとは!!
約3時間のバスドライブを経て、やっと到着!


映画などでも有名なリンカーンメモリアルパークです。
これには生徒も引率者も大興奮です。
規模の大きさ、荘厳さ、そしてその場の空気も相まって、なんとも言えないとても力強いものを感じました。

そして、次に我々の度肝を抜いたのが、
そう、ホワイトハウス!
流石に周囲には警察やSPの姿ばかり。少し緊張感がありましたね。


昼食後、我々一行はアメリカが誇る博物館、スミソニアン博物館を訪問しました。
とても多くの施設があり、全てを回ることはできませんが、その中でも最も有名な航空宇宙博物館と自然史博物館を訪問しました。

巨大です!


歩き疲れ、ヘロヘロになった一行ですが、これには驚きをかくせません。
そう、国会議事堂です。
歴代の大統領が就任演説をする場所としても有名です。

あまりにも見るものが多く、ほんの「さわり」だけを見たツアーでしたが、心に残ったものはとても大きかったと確信しています。
明日の日誌コメントが楽しみです。

さて、明日は東海岸でも指折りの大学、ペンシルベニア州立大学を訪問します!
11:53 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/12/13new

【国際交流】 アメリカ研修通信⑨ いざ、フィラデルフィアの中心部へ!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
続きです。

午後になってもフィラデルフィアは曇り、更には小雨までちらつきます。
でも雨にも風にも負けず、現地研修を行います。

午後の最初は車で中心街へ移動し、「自由の鐘=リバティベル」を見学です。
これはアメリカの黒歴史とも言える奴隷制に対する反抗の象徴として今でも保存されています。

この鐘は、アメリカ独立後、アメリカ憲法を作成する大陸会議の主要メンバーを招集するために作られたとのことです。
その後、奴隷制の廃止や、アメリカの自由を示すシンボルとなっており、多くのアメリカ国民の心に深く刻まれるものです。


その後、アメリカ合衆国造幣局を訪問し、主に硬貨の製造に関わる一連の流れを見させて頂きました。館内は撮影禁止のため、入り口にて集合写真を撮影。


さて、本日の最後の目的地となったのが、あの場所、です。
フィラデルフィアに来たら、必ず訪れなくてはならない、アメリカン・ドリームの象徴です。
映画ロッキーシリーズにて有名な「あの」階段です。
階段を一気に駆け上がり、後ろを振り返ると見えるのはフィラデルフィアの街並み。
全生徒でポーズを取り、明日以降の活動や自分の将来の夢に向けて誓いを立てました。



そしてロッキーにご挨拶。

明日は世界政治の中枢、ワシントンD.C.を訪問です!
どんな発見があるのでしょうか!!
12:07 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/13new

【国際交流】 アメリカ研修通信⑧ 朝の様子+ESLレッスンスタート

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんおはようございます。

今日のフィラデルフィアは生憎の曇り空。
太陽はほとんど顔を出してくれませんでした。
生徒たちは学校滞在に慣れてきたのか、いつもの通り8:30頃に登校し、キャンパス内のカフェでコーヒーやマフィンなどを食べて授業準備に取り掛かります。



昨日のプレイスメントテストをもとに、各クラスにおいて授業がスタートします。




ところで余談ですが、生徒たちは毎日日誌を書いてきますが、引率の松井さんや教員が毎日内容をチェックします。
二日目となる今日、とても嬉しい内容を書いた生徒が複数いました。



ご覧の通り、「悔しい」という表現です。
この表現が生徒から出てくることこそが今回のプログラムの醍醐味です。
この悔しさに気づいた生徒は、ほぼプログラムの意味の半分以上を理解できたと言ってもk過言ではありません。

そんな嬉しさを胸に、本日の後半をお伝えします。
10:06 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/12/12new

【国際交流】 アメリカ研修通信⑦ 市内散策-ジャーマンタウン

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
続けて、午後は市内散策。
市内の中心部にあるジャーマンタウンを散策しました。

大学があるチェスナットヒルという街は、約17世紀ごろに造られた街で、かなり古い歴史を誇る街です。
1600年初頭にメイフラワー号が今のニューヨーク近郊に到着し、イギリス人の入植が始まった後にドイツからも入植者がアメリカ大陸を訪れ、この地に落ち着きます。その後、ジャーマンタウン、つまりドイツ人街が出来上がります。
彼らは手先が器用であり、織物や金属加工などの手工業で生業をたて、その後製紙業なども成功したようです。
1777年に大陸軍とイギリス軍が独立戦争で戦った際に、このジャーマンタウンが戦いの舞台となりました。
街中には17世紀当時の建物が多く残り、石造りの良いテイストを残しています。
当然、それはイギリスのストラトフォードにも通じるものがあり、歴史の継続性を感じさせます。



↑もみの木の専門店。市内の配送は無料のようです。
  こんなお店があるのもこの季節ならでは。



↑チェスナットヒル駅


10:19 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/12/12new

【国際交流】アメリカ研修通信⑥ キャンパスツアー

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんおはようございます。

本日のキャンパス滞在初日の後半をお伝えします。
午前中のプレイスメントテストに加え、大学キャンパスツアーも実施しました。
プレイスメントテストで完全に消耗したような雰囲気もありましたが、少し休憩した後、また元気を取り戻しました。

午後はとてよい天気に恵まれ、外はポカポカ陽気でした。




キャンパスツアーの後、コーディネーターの計らいで、クリスマスの恒例行事であるジンジャーブレッドハウス作りに挑戦です。
生徒たちを3枚のチームに分け、デコレーションしていきます。
かなり多くの生徒にとって初の挑戦だったようで、かなり苦戦していたようです。








本当にさまざまなデコレーションがあるわけですが、流石に女子班のデコレーションは素敵です。緻密かつ丁寧!!それに比べて男子は…多くは言いません。


さて、皆さんはどれがお気に入りですか?
07:15 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/11new

【国際交流】 アメリカ研修通信⑤ キャンパス初日

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんおはようございます。

いまこの通信を書いているのは朝の9:30で、日本時間の月曜日夜11時頃でしょうか。
時差が大きく、なかなかリアルタイムで通信を書くことが出来ず申し訳ありません。

さて、約15時間のフライトを経て、ヘトヘトのはずの生徒でしたが、一夜明け、とても明るい表情を見せてくれました。
食事や家族もとても良く、満足しているように見えます。
中にはジェットラグで睡眠不足の生徒もいるようですが、頑張って早く慣れてもらいたいと思います。

フィラデルフィアの朝は寒さが厳しく、フリースを着て外に出てもプルプル震えてしまいます。



↑  どこもかしこもツララが。

さて、キャンパスですが、とーってもゴージャスな造りで、あたかもディズニーランドのお城のような佇まいです。




朝の9時から早速クラス分けのプレイスメントテストです。
眠い目をこすって頑張ります!!


23:15 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/11new

【国際交流】 アメリカ研修通信④ ホストとの合流!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
先程の続きです!












今日は早々と就寝して、明日からスタートする研修に全力を注いで欲しいです!
活動の様子はまた明日からもこのHPにアップしていきます!
10:33 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/11new

【国際交流】 アメリカ研修通信③ 現地到着!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
お待たせしました!

成田を離陸してから約11時間。
テキサス州ダラスにあるフォートワース空港に到着しました。
そこまで寒くもなく、空港内も暖かくて過ごしやすかったのですが、驚いたのはその規模のでかさ。ターミナルがいくつあるんだろう、と不思議になるくらいです。


そこから2時間の待ち時間を経て、ダラスから一路フィラデルフィアへ。
約3時間のフライトですが、機内はシーン、としていました。
それもそのはず、全員ご就寝でした。

↑ダラス空港で乗り換えのゲートを確認します。


↑ダラス空港のクリスマスツリーにて。
  独特の雰囲気があります。

そんなこんなでフィラデルフィアに到着!
まず一言目が「寒い!!」です。
外は雪がずっしりと。

空港でスーツケースを確保し、現地コーディネーターと合流。
ここから約40分の道のりを経て、Chestnut hill collegeに到着。
大学までの道のりは、色とりどりのイルミネーションで目を楽しませてくれました。

大学に到着し、ホストの迎えを待ちます。
ホストとの合流は次の記事にて。
10:16 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/12/11new

【国際交流】アメリカ研修通信②

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんおはようございます。

アメリカ研修参加者一団、無事に現地到着した事をご報告します。
現地は昨日雪が降ったようで、残雪が寒さを強調しますが、実際は日本ほど寒くはないようです。

写真などの詳細は後ほどお伝えします!
06:40 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
12345

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。