〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 
 

広報わかざくら №39

 
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数8944005
Since 2010/04/01

ログイン

検索

海外姉妹校の話題

姉妹校
12345
2018/01/12

【国際交流】QQEnglish

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

おはようございます。
今週からQQEnglishが始まりました。

QQEnglishとはオンラインでの英会話レッスンです。
みんな楽しそうにレッスンを受けています。
英語が通じる楽しさを実感しているようです。






07:47 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/12/18

【国際交流】アメリカ研修通信17 Hello, New York!!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
(以下、写真枚数が多いのでご注意ください。)

ついにニューヨークに到着です!
ロンドンに次ぎ、世界第2位の国際都市!
アート、経済、政治、多くの面で世界の中心となる都市!
一足踏み入れれば、その魅力に多くの人が虜になると言われています。

バスに揺られること約2時間。
ブルックリンブリッジを通ると、「待ってたよ!」と言わんばかりに高層ビルが我々を出迎えました。


街中に降り立てば、そこはネオンとエンターテイメントがいっぱい。
クリスマス前の日曜日、どこもかしこも人で溢れかえっています。



タイムズスクエア(車窓より)

我々一行が最初に向かったのがskyscraper=Empire State Buildingです。

83階部分からの景色は圧巻!マンハッタン全体が見渡せます。
画像中央はいわゆるグラウンド・ゼロにだ建てられた新WTCビル。
画像右奥はStatue of Liberty=自由の女神像。



場所移動のため、街中を歩きますが、その表情は眩しいくらいに明るいです!


続いて向かったのは平和の象徴、UN=United Nation=国連本部です。
定期総会の時期ではないので、残念ながら加盟国の旗は掲揚されていませんでした。
でも、厳重な警備から、その独特な雰囲気が伝わって来ました。


続いてはニューヨーク市立図書館へ。
この図書館は公立でありながら、沢山の映画の舞台となっており、旅行者たちの隠れ人気スポットです。
例えば、「デイ アフター トゥモロー」などが有名ですね。
館内は普通の図書館と同じように使用されており、多くの旅行者が読書・研修をしているようでした。




夕方になり、少し冷え込みがキツくなってきます。
ただ、空は澄みはじめ、街中に透明感が現れます。

一行は市立図書館真裏のブライアント・パークで休憩やショッピングを楽しみました。
市内ど真ん中にもかかわらず、このようなスケートリンクが作られ、多くのNew Yorkerが楽しんでいました。

New York探索の最後はここ!!
世界の富の象徴、Rockfeller Center=ロックフェラーセンターです。
ここはジョン・ロックフェラーという大富豪によって1929年に建設がスタートしましたが、折しも世界恐慌により建築に大きな遅れができます。
一時、その建築も中止ににりかけましたが、1939年に建築が終了し、今に至ります。
この場所はNew Yorkで最も大きいクリスマスツリーがあることでも有名で、とてつもない数の観光客で身動きがとれません…。
でも、集合写真を強行突破!!




さて、これから夕飯に向かいます。
とは言っても、単なる夕飯ではありません!
なんと、数名の日本人ゲストをお迎えしての会食。
次のレポートでお伝えします!
20:23 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/12/18

【国際交流】 アメリカ研修通信16 さらばチェスナットヒルカレッジ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

ついに別れの朝です。
午前9時にキャンパスに集合し、バスでニューヨークに向かいます。

各家庭、いつものようにホストの送迎でカレッジに集合です。
ただ、今朝はどの生徒も少し悲しげ。
ここまで本当に面倒を見てくれた家庭とのお別れです。
田中・杵渕ペアのホストマザーは、4年前に娘さんを亡くされるという辛い過去をお持ちでした。そんな自分が少しでも同年代の若者のために何かしたい、という気持ちでホストをしてくださっていました。


高校の女子4人集は、Mama Elainさんのご家庭に滞在。
Mamaの娘さんのお宅と二手に分かれて、本当に暖かい家庭を提供していだたきました。

中等の山本・稲葉ペアのホストマザーSuzanさんは2人を我が子のごとく、本当に可愛がってくれました。別れがあまりにもつらく、思わず泣きながらハグをしてくださいましたね。

手元に青い封筒が見えますか?
なんと2人から感謝の手紙を手渡されたようです。

中等のジェントルマン 山本・小暮ペア。このご家庭は多くの留学生をホストしており、本当に家族ぐるみの暖かい家庭を提供してくださいました。
帰り際、本当にこの2人をホスト出来て光栄です、とのお言葉を頂けたのがとても印象的でした。

高校の吉川・中島ペア。ホストマザーは牧師兼地元の子供達のために学校を開校されており、本当にお忙しい中での受け入れでした。そんな中で、教会でのお手伝いなど、なかなか出来ない体験もさせていただきました。


最後に、この素晴らしいホストファミリーをアレンジしてくださったコリンさんとともに。

今からバスでニューヨークへ!!
待ってろ、ビッグアップル!!
こんな巨大なバンで移動します。

13:12 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/17

【国際交流】 アメリカ研修通信15 授業終了〜修了証授与

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは

早いもので現地キャンパスでの授業も全て終了となり、生徒達の表情に若干の安堵と「楽しいからもっと受けていたい」という複雑な感情が入り混じっているようです。
金曜日の昼過ぎ、簡単な昼食を終えたのち、修了証の授与がおこなわれました。
























最後に、生徒を代表して、山本君と橋本さんから感謝の気持ちを言葉にし、授与式を終えました。



中一日、土曜日のオフは各家庭で過ごし、日曜日にフィラデルフィアを離れます。
日曜日にニューヨークを観光して帰国します。
各自、やり残すことがないよう、目一杯学んで欲しいとおもいます。


21:24 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/12/16

【国際交流】アメリカ研修通信14 Last Day in Chstnuthill College

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

本日、現地では最後のESLレッスンが行われました。
クラスによってはまとめのテストが行われたりしたようです。

テストに真剣です!

こちらはいつもの通り、とっても楽しい授業。


クラス全員が仲良くなれたようで、先生も含め、みんなで記念写真。

まるで双子のよう!と仲良くなった韓国からの生徒と。

今日の午後の様子は別の記事で!
08:03 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2017/12/16

【国際交流】 アメリカ研修通信13 Breaking my own shell

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

早いもので、研修終了まで残り2日となり、更には大学でのESL研修は本日で終了です。
大学自体も明日からクリスマス休暇になるため、キャンパスは閑散としています。
いつもは人でごった返してるカフェテリアも静か。

昨日の午後、ペンシルベニア州が誇る州立大学、UPennを訪問し、様々な叡智に触れた佐野日大一行。
実は、その遠足のあとキャンパスに戻り、あることをしました。
研修全体の折り返しとなる昨日、ここまでの振り返りセッションをしました。

生徒の日記にあるコメントを読めばお分かりの通り、「〜をしました」などという表面的な話ではなく、更にそこから何を感じ、何が自分を成長させてくれたのか、自分には何が足りていないのか、それを話し合いました。

トップバッターを切ったのは、なんと今回参加の最年少、山本君でした。
彼は目に涙を浮かべつつ、今までの自分に欠けていた足りないものがわかり、それがわかった今は大きな成長を感じている、と述べていました。
彼に感化され、次々と手があがります。


高校の吉川君


高校の福富さん


中等の山本さんと田中さん
(本当はもっと話をした生徒がいたのですが…)


彼らのピュアで素直な感想を聞いていて、引率者は自然と涙を浮かべてしまいました。
生徒の参加をまざまざと感じたからです。
全員がそれぞれの尺度で、それぞれの歩幅で成長していることを確信し、本当に良かったと感じられる瞬間でした。



00:58 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/12/15

【国際交流】 アメリカ研修通信12 UPennへ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんおはようございます。

今朝は昨晩から降り続いた雪のため、一面の銀世界。
自然の多いキャンパスは真っ白で、美しかったです。



こちらは北海道よりも緯度が高い位置にあるため、寒さも厳しく、雪がサラサラとパウダースノーのようです。日本のそれとは異なり、水分量は多くありません。
ついつい雪合戦をしたくなります。

さて、学校でのESLも2日目。
キャンパスの地理にも慣れ、水を得た魚のように動き回ります。
クラスはインターナショナルクラスのため、世界の様々な国々から来た留学生と同じクラスで学びます。



少しずつ英語での会話量も増え、同じクラスのメンバーと仲良くなった姿も見られます。これはとっても良い事で、自分の限界点を少しずつ伸ばしている、ということだと思うのです。

午後はペンシルベニア州立大学訪問です。
近隣にはDrexel Univ.もあり、とても大きな学園都市を構成しています。
明日以降はクリスマス休暇になるため、街は学生の出入りが多かったのが印象的です。

コーディネーターのコリンさんから今日のプログラムを指示されます。

今日やることはスキャベンジャーハンティングと言い、キャンパスに関する質問に一問ずつ応えていくわけですが、当然インターネットは使わず、自分の耳と言葉のみを用いて答えに近づいていきます。

第1問: ペンシルベニア州立大学の学祖は誰か?
            答え、ベンジャミン・フランクリンです。
その答えを探すべく、キャンパスを歩き回る吉川・中島ペア。


第5問:経済学部の建物はなんの形をしているか
           答え:アルファベットのMの形
その答えを探すべく、地元民の力を借りる湯沢・橋本ペア

ペンシルベニア州立大学のキャンパスは本当に広大で、かなり歩かなくてはならず、全員一生懸命に頑張りました!
とても美しいキャンパスで、こんな素敵な場所で学ぶ生徒が本校から多く出てきて欲しいな、なんて思いました。




最後に全員で集合写真を。


早いもので、キャンパス滞在は明日が最後。
悔いのないように頑張ります!
10:28 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/12/15

【国際交流】アメリカ研修通信11 引率者所感

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

現地滞在も4日目を迎え、参加生徒たちも空気や水に慣れてきたようです。
そうすると今まで見てきた景色の見え方も変わり、様々な意見を述べる様になってきます。そのような変化はよくあることで、我々も前向きに捉えます。
しかし、今回の研修で求めているのは、そこからもう一歩前に突っ込んだ自発的・意図的な変化です。

この変化はどの生徒にも簡単に起こるものではなく、何かのきっかけで生徒の精神や心に深く響くファクターが必要です。
それがあって初めて思考を深め始めます。
今回の研修では、そこを求めて生徒たちと多くの時間を過ごしています。
毎朝提出を求めているジャーナルでも多くの変化が見て取れるようになりました。
本日が研修折り返し地点。
更なる変化を求めて、更なる学びと気づきを求めて進んでまいります。





00:33 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2017/12/14

【国際交流】 アメリカ研修通信⑩ いざ、Washington D.C.へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

今朝は本当に寒かった!!
耳や鼻が真っ赤になるほどです。
でも、その分空は素敵な青空。朝焼けも鮮やかでした。


さて、今日は待ちに待った首都ワシントンD.C.へ遠足です。
ところで、D.C.とは何の省略でしょうか?
District of Columbia のことで、日本語ではコロンビア特別区などと呼ばれており、政治や経済、また国防に関するすべての機関が集まる街です。
そこに向けての道中、生徒たちはというと…元気そのもの!


車窓から日本「あるもの」を見つけ、全員驚いてしまいました。
それは…

なんと公文です!まさかフィラデルフィアの地にも根付いていたとは!!
約3時間のバスドライブを経て、やっと到着!


映画などでも有名なリンカーンメモリアルパークです。
これには生徒も引率者も大興奮です。
規模の大きさ、荘厳さ、そしてその場の空気も相まって、なんとも言えないとても力強いものを感じました。

そして、次に我々の度肝を抜いたのが、
そう、ホワイトハウス!
流石に周囲には警察やSPの姿ばかり。少し緊張感がありましたね。


昼食後、我々一行はアメリカが誇る博物館、スミソニアン博物館を訪問しました。
とても多くの施設があり、全てを回ることはできませんが、その中でも最も有名な航空宇宙博物館と自然史博物館を訪問しました。

巨大です!


歩き疲れ、ヘロヘロになった一行ですが、これには驚きをかくせません。
そう、国会議事堂です。
歴代の大統領が就任演説をする場所としても有名です。

あまりにも見るものが多く、ほんの「さわり」だけを見たツアーでしたが、心に残ったものはとても大きかったと確信しています。
明日の日誌コメントが楽しみです。

さて、明日は東海岸でも指折りの大学、ペンシルベニア州立大学を訪問します!
11:53 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)
2017/12/13

【国際交流】 アメリカ研修通信⑨ いざ、フィラデルフィアの中心部へ!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
続きです。

午後になってもフィラデルフィアは曇り、更には小雨までちらつきます。
でも雨にも風にも負けず、現地研修を行います。

午後の最初は車で中心街へ移動し、「自由の鐘=リバティベル」を見学です。
これはアメリカの黒歴史とも言える奴隷制に対する反抗の象徴として今でも保存されています。

この鐘は、アメリカ独立後、アメリカ憲法を作成する大陸会議の主要メンバーを招集するために作られたとのことです。
その後、奴隷制の廃止や、アメリカの自由を示すシンボルとなっており、多くのアメリカ国民の心に深く刻まれるものです。


その後、アメリカ合衆国造幣局を訪問し、主に硬貨の製造に関わる一連の流れを見させて頂きました。館内は撮影禁止のため、入り口にて集合写真を撮影。


さて、本日の最後の目的地となったのが、あの場所、です。
フィラデルフィアに来たら、必ず訪れなくてはならない、アメリカン・ドリームの象徴です。
映画ロッキーシリーズにて有名な「あの」階段です。
階段を一気に駆け上がり、後ろを振り返ると見えるのはフィラデルフィアの街並み。
全生徒でポーズを取り、明日以降の活動や自分の将来の夢に向けて誓いを立てました。



そしてロッキーにご挨拶。

明日は世界政治の中枢、ワシントンD.C.を訪問です!
どんな発見があるのでしょうか!!
12:07 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
12345

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。