〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
 ℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 


 
市民講座「佐野学
 

☆ ネットワークカード ☆

 
公式 Facebook はこちら!


公式 Twitter はこちら!
 
 

 ▲本校への編入学についてはこちら▲
 
 

 
 
 
 
 

広報わかざくら №35

  
 
  
 平成29
年度の募集は終了しました。 
       ▲ 最終更新 2017.02.24
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数7158139
Since 2010/04/01

ログイン

検索

海外姉妹校の話題

姉妹校
12345
2017/06/13

【国際交流】 新たな姉妹校!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
佐野日本大学高等学校・中等教育学校と、キングエドワード6世スクールとの姉妹校提携を結ぶにあたり、小倉宏明校長が調印式に参加し、本日その合意書が届きました。

18:01 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/05/15

【国際交流】 マレーシアFW事前研修 ~イオン佐野店へ!~~ 

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさんこんにちは。

かねてからお伝えしていましたが、本日の夕方16:30より、イオンスタイル佐野新都市店にて、マレーシアFWの事前研修一環である、「バックヤード業務体験」を実施しました。
学校発の佐野日本大学短期大学で下車し、店舗に向かいます。

ご存じのとおり、イオンは大型ショッピングモールとして日本だけにとどまらず、日本が世界に誇る小売店として有名です。
きっと生徒の中にも普段からお世話になっている人も多くいるはずです。

マレーシアFWではクアラ・ルンプールのイオン店舗でのJob Experienceを実施するため、その事前研修として日本国内のイオンのバックヤード業務を知っておこう、というものです。


まずは会議室で本日の研修の流れを把握します。片柳様にご担当いただきました。


いつも気にはなっていたけど、従業員の方しか入れない通用口を使っていざ出発!

いつもとは違う視点からイオンを知ることが出来ました。
いわゆる「作業場」を見せていただき、どのようにして食品が管理されているのかを知りました。

魚を調理している現場です。

どのようなコンセプトで果物を陳列しているか知ってました?

我々がとずれるマレーシアはイスラム教の国。つまり「ハラール食」が当たり前。
しっかりイオンでも扱っていました!!

職員用通用口の裏側に、こんなものが貼ってありました。
挨拶は世界共通ですよね。

最後に引率の先生から今回のマレーシアFWの目的を再確認し、無事に終了しました。

最後にお世話になったイオンの皆さま、それから今回のマレーシアFWのプログラムを組み立ててくださったイオンコンパスの須藤様と山田様を含めて、みんなで集合写真!!

マレーシアFWは6月16日からスタートです。
さあ、今からしっかり準備しておこう!!
19:34 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/05/15

【国際交流】本日のイオンでの研修について

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

マレーシアフィールドワーク参加者のイオンでの研修が無事終了し、
解散しましたことを報告いたします。
18:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/05/12

【国際交流】 マレーシアFW ワヒダさんを迎えた事前指導

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさんこんにちは。

昨日もお伝えしましたとおり、本日はマレーシア人講師のワヒダさんをお迎えしてのマレーシア文化学習会。
12名のFW参加者だけではなく、なんと一年生の有志もお迎えしての学習会となりました。

講師のワヒダさんはマレーシアの「ケダ」という地域ご出身です。
世界的にも有名なペナン島というリゾート地にほど近い街です。
もともと千葉大学に留学された後、イオングループに就職され、現在に至ります。

ご覧のとおり、ワヒダさんはムスリムの方ですので、ヘッドギアをつけていらっしゃいます。
終始笑顔で対応してくださり、生徒達も楽しく学習していました。
英語と日本語を混ぜながら、マレーシア文化・ムスリム文化を教えてくださいました。


一人ひとり英語で自己紹介!!


学習会の最後には「ヒジャブ」と呼ばれる女性特有の衣装の着用方法を教わり…

試着までさせていただきました。



グローバル化とはいえ、まだまだ知らないことばかりのこの世界。
でも今日参加した12名は、少なくとも大きな一歩を踏み出しました。
ワヒダさんのおかげでマレーシアとムスリムの文化について少しだけ知識を得ることが出来ました。

来週月曜日は、事前学習の目玉である、イオンモール佐野店での研修です!!
19:48 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/05/11

【国際交流】ランカスターより来訪

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
佐野市と姉妹都市であるペンシルバニア州ランカスター市から、生徒二人と引率の先生が本校にいらっしゃいました。今日一日生徒のジョージアさんとジェイコブくんは授業に参加し、クリメル先生も二人の参加する授業を参観しました。滞在は1週間の予定で、あと残り3日だそうです。

ジョージアさんは4-3で、ジェイコブくんは3-4で授業に参加しました。



19:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/05/11

【国際交流】 いろいろ研修のお知らせです!!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさんこんにちは。

マレーシアFWの準備も着々と。
明日はマレーシア人講師を招いての「マレーシア文化学習会」。
ほかの生徒さんも参加可能です。
こんなポスターが掲示してありますので、希望者は丹野までご連絡を!!


また、毎年夏に高等学校と共催している「短期海外研修」の告知もあります。
イギリスの姉妹校であるStratford-upon-Avon Girls Grammar Schoolを使っての語学研修。
興味のある方は丹野まで!!

18:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/05/10

【国際交流】 北京月壇中学交流団 結団式

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。


本日、北京月壇中学を訪問する生徒を対象とした「結団式」が行われました。
北京の月壇中学とは早7年目の交流を迎えており、その一環として今年度は4名の生徒が訪中します。
中等からは4年生の横田さんが参加されます。

浦田理事長先生からはこれまでの本校と月壇中学の歴史及び参加する姿勢についてお話を頂きました。

また、佐藤佐野日本大学短期大学学長からは、参加するにはまずもって健康を、そして出会う人との良好な関係を育む努力の必要性をお話しいただきました。

さらに、田沼ロータリークラブ会長の川久保様にもご来校いただき、今年度も帯同頂く旨お話を頂きました。さらに会長からは「学校生徒の授業を受ける姿勢を見てもらいたい。きっと今までの自分を振り返る機会になる」とお話しいただきました。


その後、小倉校長及び引率の君島教諭からも激励の挨拶を頂戴しました。
とりわけ小倉校長からは「積極性こそ命」としてお話されました。



11:46 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/15

【国際交流】 マレーシアFW始動!!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさんこんにちは。

朗らかな土曜日となった本日の午後、平成29年度 マレーシアFWの説明会が実施されました。
今年度は総勢12名のメンバーが参加します。
前年度よりも人数が少なくなっておりますが、イギリス研修旅行の実施年度であることが理由です。



今年度はいつもお世話になっているJTB様の他、イオン株式会社の方にもお越しいただくという贅沢っぷり。
果たしてその理由とは…。
今後徐々に全貌を明かしていきたいと思います。
こうご期待!!


16:35 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/04/13

【国際交流】 ケンブリッジ大学 ペンブルックカレッジ参加報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

第17回ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジ「付属高校生のイースター・プログラム」(319日~45日)報告会

 

 

 

本校代表として、日本大学主催イギリスのケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジ「付属高校生のイースター・プログラム」に中等代表として参加した恵川士温君(5年1組)が、浦田理事長に研修報告を行いました。

恵川君は、「イギリスと日本の建築物の違いにとても興味をひかれました。公園がとてもきれいで大きかったのが印象的でした」と、報告しました。

浦田理事長からは、「私の夢は、皆さんが本校で学んだことを積極的に活かし、世界に発信できる人間になることです。近年、日本の教育界では、アクティブラーニングということがさかんに言われています。この研修は、皆さんが、相互に刺激を与えながら主体的に問題発見と解決をし、知的に成長する良い機会となったと思います。ぜひ、この石塚の地から世界に羽ばたく人材になってください」と述べ、こうした経験の積み重ねによって皆さんが、未来の日本に革新(Innovation)を起こしていってくれることを期待します」と、今後のより一層の活躍に期待を寄せました。

先生方の前で帰国報告をする恵川君。


主体的に学ぶことの大切さを語る浦田理事長

 


 

 

 

 


 


21:15 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/13

【国際交流】 Surprise guest from the land downunder.

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさんこんにちは。

今日は風が強かったものの、午後にはとても暖かい一日となりました。
そんな今日、とあるゲストが本校を訪問されました。
その方は「Downunder」から来られました。
Downunderとは何かというと…オーストラリアのことです。

そう、オーストラリアの姉妹校、St.Stephen's Catholic Collegeの校長でいらっしゃるIda Pinese先生ご夫妻が本校を表敬訪問されました。

Pineseご夫妻は念願であった日本の桜を鑑賞するためだけに来日されました。
箱根や広島など様々な土地を訪問されたそうです。


職員室にて。左から三番目がPinese校長先生、その右となりがご主人のBrunoさん。

Pinese先生は二年前に本校を訪問されましたが、それ以来の中等訪問です。
とても懐かしんでおりました。

その後、中等の校舎を歩いて回られ、新一年生や昨年オーストラリアを訪問した生徒達と久々の再開を果たすことができました。

ご夫妻は明日の夜にオーストラリアへ旅立たれるとのこと。
無事のフライトをお祈りしております。
なお、オーストラリアからの生徒たちは、今年度9月に来校予定です!!
21:05 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。