〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
 ℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 


 

   ▶ 平成29年7月18日 更新 ◀
 

☆ ネットワークカード ☆

 
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 
 
▼文化祭・体育祭顕桜祭2017
 

 ▲本校への編入学についてはこちら▲
 

広報わかざくら №37

 
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
市民講座「佐野学
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数7372235
Since 2010/04/01

ログイン

検索

活躍する卒業生
  Dari K 株式会社 代表取締役
  吉 野 慶 一 さん 〔本校卒業生〕
    テレビ番組に出演されます!
  平成29年2月8日(水) 8:15 ~
  
NHK総合 「 あさイチ 」 コーナーにて

  チョコ好きの方なら一度は耳にしたことがある 「Dari K (ダリケー)」。
  カカオ豆の輸入から焙煎、そしてチョコレート製造まで、すべての工程を自社で行なう、日本でも数少ないショップです。
  しかも、オーナーの吉野慶一さん(本校卒業生)はただのショップオーナーではありません。
  吉野さんのチョコレートを通した取組みについてお知りになりたい方は、ぜひ「Dari K ホームページ」をご覧ください。
 
メディア掲載記事一覧
メディア掲載記事一覧[根記事一覧]
12

Web管理2017/01/24 09:23:31(1票)

栃木県内では珍しい存在の「ディベート部」ですが…、
2015年の創部以来、地元佐野市で開催されている「佐野市中学生親善ディベート大会」に毎年出場し、
今年度は優勝、準優勝した他、全国大会への登竜門である「関東甲信越地区ディベート大会」に出場、
賞をいただいたりと、全国大会「ディベート甲子園」への出場を目指して日々活動しています。
是非、部活動の紹介ページもご覧ください。 ⇒ http://ss.sanonihon-u-h.ed.jp/?page_id=411


 下野新聞Ⓒ(2017.1.20)
Web管理2016/11/17 17:04:32(1票)

本校卒業生の吉野慶一さんの取り組みについて、
 11月17日(木) 午後7:00~ NHKニュース7 
    http://www4.nhk.or.jp/news7/  で取り上げられます。ぜひ、ご覧ください!

     

吉野さんは、現在、京都でチョコレート専門店Dari Kを経営される一方、「カカオを通じて世界を変える」という企業理念のもと、インドネシア・スラウェシ島のカカオ豆農家との協同作業を通して、社会問題の解消を目指す社会的企業(ソーシャルビジネス)を展開しています。
Web管理2016/11/17 15:30:39(1票)

   第49回 下野教育書道展(下野新聞社主催)において、応募作品7万8823点の中から
   本校の石川仁望さん(1年)の作品が、見事、準大賞を受賞しました。おめでとうございます!

下野新聞Ⓒ (2016.11.15)
Web管理2016/10/28 17:24:58(0票)


                        下野新聞Ⓒ(2016.10.22)

本校OBの吉野慶一さんの取り組みについて
下野新聞「雷鳴抄で取り上げられました。
Web管理2016/10/28 17:10:29(0票)


佐野市中学生親善ディベート大会 (10/23 佐野市青年会議所 主催) にて
本校 3年生チームが優勝! 2年生チームが準優勝 しました!
応援、ありがとうございました!


 【訂正】 佐野日本大学中 10 組 ⇒  5 組
       佐野高付属中    5 組 ⇒ 10 組 

 下野新聞Ⓒ (2016.10.25)
Web管理2016/09/30 20:19:45(0票)

     デジタル放映部 NHK杯全国高校放送コンテスト 2年連続の準優勝!
                   日本大学新聞にも取り上げていただきました!

                                                日本大学新聞Ⓒ(2016.9.20)
Web管理2016/08/04 13:11:30(10票)

ご紹介が遅くなってしまいましたが、
長田泉さん(4年)の文章が、『読売中高生新聞・練習手帳(2016.7.1)』のコーナーで取り上げられました。

      読売新聞Ⓒ(2016.7.1)

◆「練習手帳」とは?
458字が紡ぎ出す小宇宙―。朝刊1面に掲載されている「編集手帳」は読売新聞の看板コラムです。読売中高生新聞では、このコラムをモデルに中高生たちからニュースをテーマにしたコラムと同じ字数の小論文を募集。コラム執筆者の竹内政明・取締役論説委員も審査に加わり、優秀作品は紙面上で直接指導します。(読売中高生新聞HP)
Web管理2016/07/29 16:32:24(1票)

NHK杯 全国高校放送コンテスト
2年連続 準優勝の快挙!



 下野新聞社Ⓒ(2016.07.29)
Web管理2016/02/24 09:30:17(3票)


                                        高校生新聞社Ⓒ

6年生の青山実樹さんが、「第18回 高校生新聞社賞」を受賞されました。

「高校生新聞社賞」とは、高校生活を通じて学業、文化・スポーツ、生徒会 各種委員会、ボランティアなどの活動に積極的に取り組み、大きく飛躍した生徒に高校生新聞社さまから贈られる賞です。

青山さん、受賞おめでとうございます。
Web管理2016/02/10 19:51:06(4票)

本校の卒業生である吉野慶一さんが、The Japan Timesに特集されました!
http://www.japantimes.co.jp/news/2015/12/24/business/kyoto-entrepreneur-finds-business-sweet-spot-with-cocoa-from-indonesia/#.VrQBTrdf3IV

Kyoto entrepreneur finds businesssweet spot with cocoa from Indonesia

  by Maya Kaneko Kyodo Dec24, 2015


Keiichi Yoshino, a 34-year-old operator of chocolateshops in Kyoto, never dreamed he would become a chocolatier.

Hisepiphany came in a coffeehouse in South Korea in 2010. Looking at a map ofglobal cocoa production areas, the former financial analyst wondered why Japanlargely depends on Ghana for cocoa for its chocolate even though Indonesia, afellow producer, is far closer.

Helooked into it, and discovered from Japanese government data that Indonesiaaccounted for only 0.3 percent of Japan’s cocoa bean imports in 2013, while80.6 percent was shipped from Ghana.

Hewas a “complete amateur” in farming back then, but he flew immediately toSulawesi Island, where more than 70 percent of Indonesia’s cocoa is farmed.

Theanswer was simple: Cocoa beans from Indonesia, one of the world’s top threeproducers along with the Cote d’Ivoire and Ghana, were not fit for high-qualitychocolate production as they were shipped before being fermented.

“Fermentationwould add value to cocoa beans, but Sulawesi farmers did not bother to carryout the process as they wanted to earn cash without delay,” said Yoshino.

Hestayed with farmers on the island and experimented in fermenting beans bycovering them with banana leaves.

“Theysaid they won’t ferment cocoa beans because no buyers would pay a higher pricefor them,” he said. “I decided to become a buyer myself.”

Infact, many Indonesian cocoa farmers had never tasted chocolate because theirproducts were mainly shipped to extract butter and oil for industrial use suchas the manufacturing of cosmetics, Yoshino said.

Also,they did not benefit from sharp rises in cocoa prices in internationalcommodity markets over the last decade, as prices were set by speculativeinvestors such as hedge funds. Producers had no power.

Determinedto pitch Indonesian cocoa in Japan, Yoshino imported about 600 kg of fermentedcocoa, a shipment that occupied most of his room space. He pitched samplesaround, but to his dismay, major chocolate makers showed no interest.

“Iknew the Indonesian cocoa was of good quality, so I decided to become a chocolatemaker myself. I gradually became enthusiastic as things got started,” herecalled.

TheKyoto University graduate school alumnus procured equipment for chocolateproduction such as a roaster and a mill. He set up his own company and opened ashop in the city in April 2011.

 

Hiscompany and shops are named Dari K, with dari in Indonesian meaning “from” andK representing the shape of Sulawesi Island. It is also the initial of Kyoto.

Hesells pieces for ¥400 each, so Yoshino is targeting high-end consumers willingto pay for quality. He persuaded a Takashimaya department store official toaccept a plan for Dari K to run a booth in November 2011, saying the store can“diversify” its lineup with chocolates made from Indonesian cocoa.

“Businessslowly got on track as the fact that our items are sold at a department storeenhanced the Dari K brand,” Yoshino said.

Transactionswith the Kyoto company also helped raise productivity and profits for Sulawesicocoa farmers, as the firm bought fermented cocoa for higher prices thanconventional buyers would pay. Moreover, Yoshino suggested they conduct“grafting” — a technique used to insert branches with a lot of fruit into thestock of a tree.

“As aresult, cocoa farmers’ earnings increased up to 1.6-fold,” the entrepreneursaid.

Withhis efforts recognized by locals, the number of Sulawesi farmers supplyingcocoa to Dari K jumped from 40 to 6,000 by October 2015. The company will sellwhatever it does not use to other chocolate makers.

Fromlate October to early November this year, Dari K ran a booth at the Salon duChocolat in Paris, a major trade fair for the international chocolate industry,where its products were well received, Yoshino said.

“Wethought only shops with star patissiers would be invited to the fair, but ourchocolates featuring the quality of Indonesian cocoa were accepted,” he said.

Headded, artisanal shops that use specific cocoa beans in their chocolateproduction are gaining a higher profile in the industry.

DariK also conducts annual study tours to Sulawesi Island to connect cocoaproducers with consumers in Japan. Yoshino was surprised to find that thefarmers became much more motivated after meeting with customers directly.

“Theytreated chocolate consumers as family members and asked whether they canproduce cocoa without chemical fertilizers” out of consideration for the healthof consumers, he said.

Yoshino’senthusiasm is not limited to chocolate production. Dari K sells a variety ofitems made from Sulawesi cocoa, such as lipsticks, liquor and tea. He has evenstarted a project to produce electricity on the Indonesian island from biogasgenerated with cocoa shell waste through methane fermentation.

Indonesiancocoa farmers have also begun manufacturing chocolates themselves to achieve astable income whenever cocoa prices fall in commodity markets.

Theentrepreneur says he aims to “change the world through cocoa” and isconsidering expanding into the Philippines and Africa in the future.

“WhenI was working in the financial industry, my achievement was linked toinvestment returns. But now it is satisfying that I can directly make consumersand cocoa producers happy through my business,” Yoshino said.

The Japan Times LTD. All rightsreserved.



吉野さんは、現在、京都でチョコレート専門店Dari Kを経営されています。
企業理念を「カカオを通じて世界を変える」としており、インドネシア・スラウェシ島のカカオ豆の焙煎からチョコレートの加工までを全て手作りで展開しています。
真のフェアトレードを実現するために活動されている吉野さんの今後に期待しています!
 Dari K ホームページ http://www.dari-k.com/
Web管理2016/02/03 12:15:24(3票)



日本大学新聞Ⓒ(2016.1.20)
Web管理2016/01/06 09:29:01(1票)


光山武宏さん(4年)の文章が、『読売中高生新聞・練習手帳(2016.1.1)』のコーナーで取り上げられました。

      読売新聞Ⓒ(2016.1.1)

◆「練習手帳」とは?
458字が紡ぎ出す小宇宙―。朝刊1面に掲載されている「編集手帳」は読売新聞の看板コラムです。読売中高生新聞では、このコラムをモデルに中高生たちからニュースをテーマにしたコラムと同じ字数の小論文を募集。コラム執筆者の竹内政明・取締役論説委員も審査に加わり、優秀作品は紙面上で直接指導します。(読売中高生新聞HP)
Web管理2015/10/21 18:31:43(0票)

第25回 栃木県中学校英語スピーチコンテスト佐野地区大会
最優秀賞 横田菜々子さん(2年)  特別賞 石園桃香さん・山崎野百合さん(1年)

栃木県大会でもガンバレー!


下野新聞Ⓒ(2015.10.21)
Web管理2015/10/05 13:01:00(8票)

           第70回 国民体育大会 紀の国わかやま国体
    馬術競技 少年団体障害飛越 姉妹で全国準優勝!


 下野新聞Ⓒ(2015.10.8)
Web管理2015/09/30 21:49:19(1票)




日本大学新聞Ⓒ(2015.9)
Web管理2015/09/26 17:45:48(3票)

   全国中学生水の作文コンクール
  石川未彩さん(1年)『過去から未来へ』
   
農林水産大臣賞(全国3位)受賞!!


       

日本大学新聞Ⓒ(2015.9)
Web管理2015/09/26 17:24:38(3票)

   NHK杯 全国高校放送コンテスト 初出場準優勝!

日本大学新聞Ⓒ(2015.9)
Web管理2015/09/06 13:25:35(12票)

      祝!第91回 日本学生選手権水泳競技
    斉藤ゆり子 さん(200m背泳ぎ) 初優勝の快挙!!


日刊スポーツ新聞社Ⓒ(2015.9.4)

この春、本校を卒業し、筑波大学に進学したばかりの斎藤ゆり子さんが、9月4日から開催されている
「第91回日本学生選手権水泳大会」第1日目で見事、優勝を果たしました!
大学のホームページにも 『予選からすべてプラン通りのレースを展開し、perfect なレースをしました!』
と紹介されているほどの素晴らしい泳ぎでした。
斎藤さん、体調に気を付けて、これからも頑張ってください!母校の後輩、教員全員が応援していますよ!

                
Web管理2015/07/31 10:46:16(0票)


      祝!第62回 NHK杯全国高校放送コンテスト
   中等教育学校デジタル放映部 初出場 準優勝の快挙!!


      下野新聞Ⓒ(2015.7.31)
Web管理2015/05/26 18:47:55(1票)

平成27年5月21日(木)
栃木県FMラジオ局 「Radio Berry(レディオベリー)」さま 取材


『とちぎ米Presents 輝け!とちぎの星』というコーナーで、本校の「クリケット同好会」と「和太鼓部」を取材していただきました。
取材の最後には、栃木のお米で作ったおむすび「とちむすび」を差し入れしていただきました。もちろん、部活でおなかをへらした生徒たちが、全員でおいしくいただきました。
みなさん、どうぞお聴き逃しなく!!

◆放送予定 FMラジオ 76.4 ch
 ①6月1日(月) 16:30~16:35 佐野日本大学中等教育学校 クリケット同好会
 ②6月8日(火) 16:30~16:35 佐野日本大学中等教育学校 和太鼓部
 ※生放送のため、多少の前後あり。番組「RBZ」のコーナーで放送予定です!!

▼取材を受けるクリケット部                 ▼こちらは和太鼓部   
 


12

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。