〒327-0192 栃木県佐野市石塚町2555
 ℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 


 
市民講座「佐野学
 

☆ ネットワークカード ☆

 
公式 Facebook はこちら!


公式 Twitter はこちら!
 
 

 ▲本校への編入学についてはこちら▲
 
 

 
 
 
 
 

広報わかざくら №35

  
 
  
 平成29
年度の募集は終了しました。 
       ▲ 最終更新 2017.02.24
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数7132569
Since 2010/04/01

ログイン

検索

理科目線クラブへようこそ!  183981COUNTER since 2010/08/01

理科室通信  ☆自然科学に関する様々なトピックスの紹介

理科室通信
12345
2017/06/12

【理科室通信】先祖がえり

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
以前理科室通信で紹介した二股猫じゃらしを見た先生が、
四つ又を見つけてきてくれました。

どんな変化が起こったのだろう・・・と思っていましたが、他にも調べている方がいて、日本植物生理学会のQ&Aに質問が寄せられていました。

猫じゃらし、こと
エノコログサはイネ科の植物です。イネ科の穂は、トウモロコシの穂や稲の穂でもお分かりのように、本当は何度も枝分かれするのが基本形で、エノコログサのように、1本だけになっている穂は、それを省略した短縮形です。実際、エノコログサを品種改良して作られたと考えられている雑穀のアワは、穂が枝分かれします。今回発見されたものは、いわば先祖返りでしょう。うっかりして、枝分かれするのを省略しても良いことを忘れたのではないでしょうか。やはり穂が単純化したオオバコでは、枝分かれする穂を持つ系統もあり、その性質が遺伝します。それと同じように、遺伝すればおもしろいでしょうが、たくさんある中の1枝だけだとすると、おそらくはケアレスミスでしょうから、遺伝はしないでしょうね。
塚谷 裕一(東京大学大学院理学系研究科)

日本植物生理学会ホームページより
14:31 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/05/13

【理科室通信】メンデルとダーウィン

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
3年生は生命の連続性を学習中。先日はメンデルの研究を取り上げました。
メンデルの一番の関心は、具体的な事実で、
あまり自分を前面に押し出すタイプではなかったそうです。
研究についてもあちこちに発表しておらず、
記録も価値のないものとして焼かれてしまったとか。
なので友人とのやり取りの手紙などが、実際の様子を知る手がかり。
今でも、古い書簡が見つかることがあるのだそうです。

研究が評価されなかったとき「私の時代はきっとくる」と修道士仲間に話した記録は有名ですが、先日読んだ本にちょっと驚くことが書かれていました。
ダーウィンが進化論を発表する8年前、メンデルは地質について論文を書いています。
そこには「生命はますます豊かに発展し、もっとも古い種類の一部が姿を消して、より新しい、完全なものにその場所を譲った」と書いてあるのだそうです。

ダーウィンの進化論が発表された後、メンデルはそれを読んでいるそうですが、もうすぐ私の時代がくると思ったかもしれないなー。

中高生~一般向けの本です。なかなか読み応えありましたよ
メンデル~遺伝の秘密を探して~
20:46 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/04/24

【理科室通信】咲いてるよー

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
校内でイチョウの雄花が咲き出しました。
イチョウの仲間は氷河期にほとんど滅んでしまいました。
なので、今、世界にあるのは中国内陸に生き残っていたものの子孫。
イチョウ科イチョウの一種類だけです。
とても古くからある植物で、精細胞でなく、精子を作ることが知られています。
胞子をつくる植物から種子をつくる植物への進化を示す現象がみられます。

よし、雌花も咲いているんじゃないかな。心当たりを見に行かなくては。
14:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/14

【理科室通信】成長点

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
3年生は生物の成長とふえ方を学習中。
教科書にはソラマメの根の伸び方で紹介されています。
茎はどうなの?ということでカイワレ大根で調査してみました。

とても細かく目印の点を打っているので、どの辺が伸びたのかよくわかります。
葉に近いほうはすこし間隔が広がりました。
茎は根よりも成長点が広いのかもしれませんね。
17:31 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/04/02

【理科室通信】春告げ鳥

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
鳴き声はよく知られていますが、姿のほうはとっても地味なウグイス。
近くで鳴き声が聞こえたら静かに探してみましょう。
ウグイス色とかウグイス餡とか、緑っぽいと思いきや
どちらかといえば薄茶色ですね。

17:19 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/03/27

【理科室通信】梅の香り

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
どんどん春が進んでいます。

ミツバチも活動を始めました。
23:17 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/03/10

【理科室通信】3月11日

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
東日本大震災から6回目の春を迎えようとしています。
以前の理科室通信を見返すと、6年前の様子が思い出されます。
絶対の安全はないということ
日頃の備えが大切ということ
近くにいる人と助け合える人であること・・・
正しく怖がる

まだまだ復旧の道のりは遠いです。
でも、私たちは豊かな日常に慣れてきた気がします。
「災害は忘れたころにやってくる」
忘れていなくても自然災害はおこります。
変化に富む日本の自然は豊かな文化をはぐくむ財産でもあります。
災害を想定し対策をたてる危機管理力
災害に落ち着いて対応するしなやかな強さ

この週末は被害に遭われた方々に心を寄せ
もしもの時の連絡方法や持ち出し用具、身の回りの安全点検をしましょう。

地震で止まった時計
アナログの強さ
10:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/03/08

【理科室通信】お化粧するのは男子

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
先日、卒業生のお見送りをしたジョウビタキ。⇒明日は卒業式

今日はオスが姿を見せました。

ずいぶん色が違いますが、羽の白い斑点はオスも同じですね。
自然界の生物は一般的にオスの方が色鮮やか。
その理由には諸説ありますが、ホントのところはまだまだわかりません。
12:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/03/07

【理科室通信】春の声

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
春めいてきました。
校舎近くではシジュウカラが鳴いていました。

先日紹介したシジュウカラにくらべてネクタイが太いです。
バードウォッチング日和
個体差はありますが、こちらはオスかもしれませんね。
繁殖期に入り、縄張り争いが起こっているのでしょう。
11:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/03/06

【理科室通信】最適解

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
先日の刻みのりによるノロウィルス感染には
いろいろなことを考えさせられました。

乾物は盲点だったなーとか
そりゃ加工食品はいろいろな人の手が入ってるよねとか
忙しかったからで済むことではないけれど、
企業の業務状態は製品の質に直結だなーとか。

食品を買うときには、産地や鮮度、加工の場所、農薬、遺伝子組み換えなど
いろいろ見ます。気にしだすときりがないです。
どんなに気にしても、100%安心安全これなら大丈夫、正解!とは言えません。
でも、意識することで保管方法や調理方法、様々な工夫をします。
これは食品に限ったことではありません。

日々の生活には、正解は無くても最適解はあると思うわけです。
10:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。