▼令和2年度 教員採用 12月7日更新
 
▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
 
 
 
 

 

 
各種証明書の発行について
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №48

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数11979060
Since 2010/04/01

ログイン

検索

 
 
 

 次回の説明会は1月19日(日)です。内容の詳細は、上記バナーをクリックしてください!
 
国際交流プロジェクト

 
 
新着情報
 RSS
【3年生】英語 present perfectについて...
キャンパスライフ
12/12 09:09
広報わかざくら vol_48.pdf
パブリックスペース
12/12 08:31
【教務】本日の主な行事等(12/12・木)
パブリックスペース
12/12 08:30
【3年生・LHR】クラス活動
キャンパスライフ
12/11 17:00
【1年生】戦争体験講話
キャンパスライフ
12/11 16:08
【国際交流】 「世界哲学の日」翻訳コンテスト
パブリックスペース
12/11 13:52
【教務】本日の主な行事等(12/11・水)
パブリックスペース
12/11 08:30
【前期課程】授業参観ー集団演技
パブリックスペース
12/10 17:30
【男子バスケ】 中学校リーグ戦②
部活動
12/10 11:45
【教務】本日の主な行事等(12/10・火)
パブリックスペース
12/10 08:30
日誌

2017/07/15

【国際交流】北京月壇中学来校歓迎会

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
本日より7月19日(水)までの日程で中国北京市月壇中学の皆様をお迎えするにあたり、歓迎会を開催しました。佐野市の飯塚副市長をはじめ多くの皆様のご臨席をたまわり、盛大な会となりました。

 はじめに浦田理事長より「月壇中学校の皆様を心から歓迎します。また、ホストファミリーを引き受けてくださった皆様に感謝いたします。地球は速いスピードで時空を超えて国際化が進んでいます。若い皆さんが交流することで世界平和を実現させてほしい。」との挨拶がありました。

浦田理事長

 続いて月壇中学引率者の殷先生より「国際的人材に力を入れている両校の協力でこのような機会が持てたことを大変うれしく思います。この交流を通して人類の幸福に貢献できるような人材が育ってほしい。」と挨拶がありました。

月壇中学の殷先生

 その後佐野日本大学短期大学の佐藤学長からは「国際交流は心に花を咲かせます。歴史、伝統、自然に恵まれた佐野を満喫してほしい。」とのお言葉をいただきました。

佐野日本大学短期大学佐藤学長

 渡邊高等学校校長からは「タージャハオ」と中国での挨拶の後、「2か月前、月壇中学訪問団に同行した際の感動と喜びを思い出しています。経済的な発展、人々のマナーの良さ、街なみの美しさに、これから中国が向かおうとする明るい未来を垣間見た気がして驚きました。実際に『行って』『見て』こそわかるものがあります。ぜひ日本を深く体験してください。」とのお言葉をいただきました。

渡邊高等学校校長先生

 その後、来賓の佐野市副市長の飯塚様から「日中の名門校同士の交流から、世界のリーダーとなるグローバル人材が育つことを期待しています。」とのお言葉をいただきました。

佐野市副市長の飯塚様

本学園と月壇中学との記念品交換が行われました。本学園からは伝統工芸品である箱根の名物、寄木細工の置物を小倉中等教育学校校長より贈呈しました。月壇中学からは壺の図柄が刺繍されている掛け軸をいただきました。

小倉校長から殷先生へ記念品が手渡されました。小倉校長からは寄木細工の由来、制作方法などの説明がなされました。



王さんと横田さん


呉さんと岡田さん

 月壇中学の皆さんが日本でたくさんの素晴らしい体験をしてくれることを願っています!熱烈歓迎!!
09:51 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)



 
 
             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。