▼令和2年度 教員採用 <New>
 
▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
 
 
 
 

 

 
各種証明書の発行について
 
 
 
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 
 

広報わかざくら №47

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数11306245
Since 2010/04/01

ログイン

検索

理科目線クラブへようこそ!  258621COUNTER since 2010/08/01

理科室通信  ☆自然科学に関する様々なトピックスの紹介

理科室通信 >> 記事詳細

2019/06/18

【理科室通信】巨人の上に乗っている

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
問題演習中の五年生が・・・
「酸化数なんて考えた人に腹が立つよ」
「100年遅く気付けば、俺は勉強しなくて済んだのに」
と、こぼしていました。
(100年前はすでに昭和なので、結構いろいろ勉強していたかも。
みんな大学進学したわけではないけどね。)

そうですねえ。
自然界の謎が一つとけると、さらに謎に思うことが出てきて、
研究にはきりがありません。新しいことを知ると、
さらに新しい発見がされます。
食べ物や身体、鉱物・・・身の回りのあらゆるものが
100あまりの原子からできていることが分かったのだって
1800年ごろですから、それ以前は元素記号を覚えることも
なかったわけです。

じゃあ、そのころの生活をしたいかっていうと、どうでしょう?
これからも、科学が世界を幸せできるように、学んでほしいと思うわけです。
18:20 | 投票する | 投票数(11) | コメント(2)
コメント
Web管理2019/06/18 18:54:39
小さな子どもが,新しものに触れるたびに「どうして?」「なんで?」って聞いて大人が答えられず困ってしまうことが多々ありますよね。
なぜそうなるのかを本質に迫って考えることはヒトが元々もっているもので,それが文化を進展してきたんじゃないかな。
いくつになっても,物事に興味を持ち続けるひとでありたいし,そんな子どもが育てられたら,ステキだと思いませんか。
Web管理2019/06/19 13:13:42
コメントありがとうございます。
そうですね!それには周りの大人がそうあることが必須ですよね。
色々な見方をし、たくさんの対話をする姿を見せたいものです。

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。