▼令和2年度 教員採用 10月9日更新
 
▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
 
 
 
 

 

 
各種証明書の発行について
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №47

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数11854925
Since 2010/04/01

ログイン

検索

 

お知らせ

2019/11/11(月)~
両毛線の不通区間が、11月11日(月) 始発 から運転を再開します。

 ※ NEW
【お知らせ】台風19号の影響に伴う計画運転について(11月7日発表.pdf)

2019/10/24~
両毛線一部不通により特別バスダイヤで運行しております。
 ※11/1(金)より一部変更


 * JR両毛線 小山駅~栃木駅 臨時ダイヤ(JR東日本高崎支社HP).pdf
 

【重要】今後の対応について。

交通機関の復旧状況、生徒の安全な登校を考慮し、以下のように対応します。

 

(1)全学年通常登校となっています

(2)通常の登校ルートに問題がない生徒は、本来の登校ルートを利用してください。

(3)スクールバスは特別バスダイヤで運行中です。

 

安全に十分注意して、ゆとりをもって登校してください。


 10月25日(金)19:00

 
 

 次回の説明会は12月1日(日)です。内容の詳細は、上記バナーをクリックしてください!
 
国際交流プロジェクト

 
 
新着情報
 RSS
【国際交流】 NZターム留学 帰国報告会実施!!
パブリックスペース
11/21 18:24
【国際交流】 世界哲学の日
パブリックスペース
11/21 18:16
【教務】本日の主な行事等(11/21・木)
パブリックスペース
11/21 08:30
台風19号災害支援金
パブリックスペース
11/20 14:25
【教務】本日の主な行事等(11/20・水)
パブリックスペース
11/20 08:30
【教務】本日の主な行事等(11/19・火)
パブリックスペース
11/19 08:30
【3年生】いよいよ後期中間テスト開始!
キャンパスライフ
11/18 11:56
【教務】本日の主な行事等(11/18・月)
パブリックスペース
11/18 08:30
【教務】本日の主な行事等(11/17・日)
パブリックスペース
11/17 08:30
【教務】本日の主な行事等(11/16・土)
パブリックスペース
11/16 08:30
日誌

2018/05/30

【4年生】英国研修旅行A班通信⑩

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんんこんにちは。

A班はストラットフォードからヘイスロップパークのホテルへ移動しました。
生徒たちはホストに別れを告げ、いざ出発です。
と思ったら、バス内はすでに爆睡でした…。

やはり、他人のお宅にお邪魔するのは少し疲れるものですよね。

今日は朝から曇天模様。まあ、慣れたものです。
しかし今日は風が強く、寒さを感じるほどでした。
夕方には大粒の雨まで降ってくる始末。
ストラットフォードでの好天が嘘のようです。

今日はイギリスが世界に誇るケンブリッジ大学へ。
1200年代に創設されたこの大学は、元々はオックスフォード大学から分派してできあがっています。
田舎町に突如出来上がったケンブリッジというこの街は、「ケム川」にかかる橋ということで、Cam + BridgeでCambridgeという地名になっています。
現地では、A班を3グループに分け、専属のガイドさんに細かな解説をしていただきながら進行して行きます。
A班1組の男女グループに同行しましたので、3組の写真は後ほど紹介いたします。

1組はブリジットさんという現地にお住いのガイドさんから、オールイングリッシュで説明をいただきます。(足元にはカモが…)

ちょっとみんな寒そう。

まずケンブリッジ名所の一つ、「数学橋」から。
B班通信にも掲載されていましたが、これはすべて直線からなる木材から作られているのですが、でもアーチ形状を作り出すという点で幾何学的な要素が多分に含まれています。




そして、徒歩で歩いているときに遭遇したのが、この場所!!

「Eagle」という名前のパブです。
なんでこれが有名なのか!!
ここは、かつてキャベンディッシュ研究所というところに勤めていた二人の科学者が、この店で食事をしている最中に、人間のDNAらせん構造を発見した場所なのです。
そんな場所に立ち会えるなんて、素晴らしいと思いませんか?

(キャベンディッシュ研究所の入り口)

今回の一番の目玉は、ケンブリッジ大学の中でも最も立派で、歴史があり、多くのノーベル賞受賞者を輩出しているトリニティカレッジの見学です。

トリニティカレッジの正門には創設者のヘンリー8世の像が来校者を見守っています。

ヘンリー8世の右手にはもともと金色の錫杖が飾られていましたが、あるときヘンリー8世のことを嫌っていたケンブリッジ大学生が、テーブルの脚にすり替え、それがそのまま残されているそうです。
ヘンリー8世は1546年にこのカレッジを創設しました。
卒業生にはあのアイザック・ニュートンがいます。

中に入ると、綺麗に整えられたセンターコートが見えてきます。
ここのセンターコートは、31あるカレッジの中でも最大級のようです。

(他にも写真はあるのですが、トリニティカレッジの様子はここまで)

さあお待ちかね、自主研修の時間です。
約2時間30分ほど、ケンブリッジの街中を歩いて散策します。
まずは腹ごなし!!

実は教員の多くは「生徒はファストフード店にいくのでは…」と思っていたのですが、生徒たちは成長していたんです!
ファストフードはもう卒業して、普通のレストランへ!!
これは「当たり前」じゃないんです。
メニューの注文から支払いからすべて英語でやるわけです。
ドキドキですよね。でも、そこは仲間と乗り切ります!


もっと驚いたのは、女子の根性の座りっぷり。
まったく物怖じせず、試食をおねだりに行きます。

インド系のカレー屋台で試食をパクリ。
各自買い物を楽しんで、食事も楽しんで、散策を終えたA班一行。
それでは今夜からのお宿に向かいます!!

今日からお世話になるのは、ヘイスロップパークと呼ばれる場所。
ここのホテルはマナーハウスと呼ばれ、中世の王族・貴族が所有していた屋敷を改築して作られたホテルです。
敷地内にはゴルフコースもあり、とてもゴージャスで落ち着いたホテルです。
この日は全員で夕食を食べ、就寝となりました。




さて、明日は念願のロンドン訪問!!
世界でも屈指の大都会。
さて、どんな発見があるのでしょうか!!
07:34 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)



 
 
             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。