〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 

広報わかざくら №40

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数9319421
Since 2010/04/01

ログイン

検索

海外姉妹校の話題

姉妹校 >> 記事詳細

2017/11/16

【国際交流】 Welcome Ceremony

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさんこんにちは。

昨日の到着から一夜明け、本日から本校での滞在がスタートします。
ホストの生徒達と元気に登校してくれた姿を見て一安心です。
UCSIの校長・教頭の両先生は伝統衣装に身を包み、とても素敵ないでたちでいらっしゃいました。


本日の二時間目を利用して、全校生徒参加の下歓迎式典が執り行われました。
浦田理事長のほか、渡邊校長先生もご臨席賜り、とても豪華な式典となりました。
本校生ともしっかりとした姿勢で参加し、立派でした。
何にしても驚いたのが、UCSI生徒たちの服装です。
なんと今回の来日のために、特別な伝統衣装を準備し、登壇しました。

色とりどりの民族衣装に舞台がとても華やぎました。
これらはバジュ・クロン、バジュ・マラユと呼ばれる衣装です。


浦田理事長先生は、2016年度に現地で調印式に参加された時のことに触れ、今回は日本で素敵な体験をたくさんし欲しい、と述べられました。

現地校代表として、校長のMrs. Tanがスピーチをされましたが、アメリカの詩人・Henry David Thoroughの詩を引用し、「友人を作るためには、対話が必要。そのためにも恐れないでどんどん話しかけてほしい」と述べられました。


さらに、UCSI生徒代表として、YasunthraさんとCheahさんが流暢な英語と日本語でそれぞれ挨拶をされ、その流暢さに佐日の生徒たちはみんな驚きを隠せませんでした。

(左:Cheahさん、右:Yasunthraさん)

本校からは生徒会長の樋口さんが立派な英語でのスピーチをされたあと、恒例の和太鼓部さんによる盛大な演奏が行われました。


そして今回のセレモニーでのメインイベントである、UCSI生徒によるダンスも披露されました。
これはJoget Danceと呼ばれ、「ババ・ニョニャ」と呼ばれるマレーシア建国当時を色濃く反映した文化において引き継がれているものです。軽快な音楽に合わせたダンスに、佐日生徒達も喜んでいました。


式典の最後に、両校の発展を祈念してプレゼント交換が行われました。



21:47 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。