知られざる佐野ゆかりの偉人
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 

広報わかざくら №41

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数9710742
Since 2010/04/01

ログイン

検索

キャンパスライフ >> 記事詳細

2016/10/03

【MW】大川小学校を訪れて…ワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
大川小学校からバスで移動、さまざまな思いを胸にホテルに到着。
引き続き佐藤先生のワークショップです。他にカタリバからお二人のサポートも受けながら行いました。


事前学習で調べてきたこと、大川小学校の跡地でのお話や見たものなどから、次の二つの質問に対し、①自分で考える ②グループで話し合う ③全体で深める ということを行い、ワークシートにまとめました。


大きな地震で校舎から校庭に集合した子供たち。生まれて初めての経験にパニック状態になっていたかもしれません。51分は平時では長く感じられるかもしれませんが、動揺や焦りの中ではあっという間に過ぎてしまったのではないか、などといった意見が生徒たちから出ました。

なぜ、逃げることができなかったのか……大川小学校は津波の浸水域となることが予測されておらず、避難訓練も津波を想定して行われておらず、ここまで津波が来るとは思っていなかったのではないかという意見や、裏手の山は前日までの降雪でぬかるんでおり、足場が悪くて子供たちや避難してきた高齢者には危険ではないか、土砂崩れの危険性も考えられたのではないかなどと意見を発表し合いました。
さまざまなことが考えられる中で、このワークショップを通して考えたことを最後にまとめました。

この後は、夕食。そして、地元の高校生との交流体験です。
まだまだ今日は終わりません。
20:30 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。