▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
▼令和2年度 教員採用 12月7日更新
 
 

 

 
 
各種証明書の発行について
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №50

 
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数12616872
Since 2010/04/01

ログイン

検索

理科目線クラブへようこそ!  281126COUNTER since 2010/08/01

理科室通信  ☆自然科学に関する様々なトピックスの紹介

理科室通信 >> 記事詳細

2020/01/17

【理科室通信】モル嫌い~

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
化学基礎学習中・済みの皆さんに問題でーす。
以下の文は、〇か✖か。

1molは、0.012kgの12Cに含まれる原子の数と等しい数の粒子を表す物質量である。
1molあたりの粒子の数をアボガドロ定数といい、6.02×1023/molである。
 

正解は✖です。

実は、2019年5月20日から、再定義されたSI単位系が施行されています。

新しい定義では
「1molは物質量の単位で、正確に6.02214076×1023 の要素粒子を含む。
この数値をアボガドロ数と呼ぶ。」となります。
この新しい定義は世界で協力して、大変な精度で実験し、
将来も変動なく(多分)使えるように決められました。

簡単に言うと、基準が0.012㎏ではなく、6.02214076×1023個に
変わったのですが、基準としていたキログラム原器の質量の変化(10-8倍位)が、
無視できない世界になったためです。
高校生が実験する分には無視できても、ナノテクノロジーの進む現代では
大きな違いにつながるからですね。

キログラム原器のレプリカ。(Wikipediaより)


16:39 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。