▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
 
 
 
▼令和2年度 教員採用 12月7日更新
 
 

 

 
 
各種証明書の発行について
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №48

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数12346117
Since 2010/04/01

ログイン

検索

 ディベート部


     私達の思いを、私達の言葉で。
           
          佐野日本大学中等教育学校 ディベート部の活動記録!

          みなさん! 「ディベート」 ってご存知ですか?
          「よくわからない」、「なんだか、ちょっと難しそう」って思われるかもしれませんが…
          一般的には、

           「ある特定のテーマの是非について、2グループの話し手が、賛成・反対の立場に別れて、
             第三者を説得する形で議論を行うこと」

          といわれ、もともとは欧米で生まれたゲーム形式の議論です。
          現在、世界中に普及しているディベートには様々なスタイルがありますが、わたしたち
          ディベート部が取り組んでいるものは「全国教室ディベート連盟」のルールに沿って
          日本語で行われるディベートです。
 
ディベート部 >> 記事詳細

2015/10/05

【ディベート部】佐野市の大会に向けて

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
 教室で何やら議論をしている声が聞こえました。授業ではなく、部活動
中のできごとです。この部活動は何かというと「ディベート部」です。
 「ディベート」という言葉自体は多くの人は知っていると思います。日本語
に訳すと「議論する」という意味ですね。
 
では、ディベート部の活動とは何かというと、ある特定のテーマに
ついて、2つのグループの話し手が肯定・否定の立場に分かれて、議論を
行うディベートを日々、取り組む部活動です。
 大会にも参加して、ディベートの技術向上に努めています。日々、議論
していると思われがちの活動ですが、議論するための情報を集めて、
みんなで共有し合うのも大事な活動です。
 最近は4年生が中心となって、後輩の部員たちに佐野市のディベート大会
についての指導を行っています。佐野市の大会のテーマは「インターネット
の匿名性を廃止すべきか。」
です。肯定側、否定側に分かれて、熱い議論
の練習が行われていました。
興味のある人はぜひ、ディベート部の活動に参加してください。

▼下級生にディベート指導をする4年生

▼ディベートの練習に取り組む部員たち

▼インターネット接続のタブレットを使って、議論の情報収集

▼みんなで議論するテーマの情報を共有しながら話し合いを行います。


18:07 | 投票する | 投票数(7)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。