▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
 
 
 
▼令和2年度 教員採用 12月7日更新
 
 

 

 
 
各種証明書の発行について
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №48

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数12381038
Since 2010/04/01

ログイン

検索

【重要】お知らせ ー 2月26日 18:00 更新ー

 
国際交流プロジェクト

 
 
新着情報
 RSS
日誌

2017/06/21

【国際交流】マレーシアFW通信⑩イオンマレーシア研修

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
続いて、イオンでの現地研修後半です。

前半の研修の時点で既に多くの気づきを得たわけですが、まだまだ研修は奥深い所へ進みます。
今回はイオンマレーシアで国際経営戦略部門を担当されている田辺様にお時間を割いていただき、マレーシアにおけるイオンモールの在り方や異文化理解に対する考え方など、通常は大学生などが学ぶべき内容を分かりやすくお話し頂きました。
ほんの1時間の講義でしてが、多くの生徒が海外で活躍する日本人の話や、海外で働くことに対して強い興味を持ったようです。


簡単ではない内容でした。
しかし、全員この表情です。
話の後半に、どのようにして異文化理解を深めるかというお話をいただきましたが、その中でこのようなスライドが提示されました:

文化の違うとちにおいての絶対的価値観は存在しない、ということです。
例えば、左下のカップの絵は何を表しているのでしょうか。
みなさんは、コップの中身が半分残っていたら、「もう半分しかない」と捉えますか?それとも「まだ半分もある」と考えますか?
これはその土地や文化において大きく異なるわけです。
こんなように、とても分かりやすくお話を頂戴しました。
異文化に接する時の観点が少し変わるかもしれません。

さて、この後はお待ちかねの業務体験。
男子と女子の班に分かれ、①ドリアンのパック詰め、②マネキンの着せ替え作業を体験しました。

強烈な香りが立ちこめます。
先ずは男子が殻を破ります。

慣れない手つきで頑張ります!

味見もさせていただきましたね。
フレッシュなドリアンはとてもクリーミーで美味です!


続いて女子がパック詰め。


また、マネキンの着せ替え作業も。


力を合わせて完成です!
何だかマネキンを触るのは変な感覚になりますね。

そして最後はお待ちかねの昼食。
社員食堂を使用させて頂きました。
カレーが美味でしたね!

誰も振り向いてくれないほど、空腹でした…。

お別れの前にスタッフの方々にコメントを頂き、生徒たちからささやかなお土産を渡させて頂きました。
ご多忙の折、本当に貴重な体験をありがとうございました!


00:38 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)



 
 
             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。