平成30年5月1日(火)
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 

〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 

広報わかざくら №40

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数9358444
Since 2010/04/01

ログイン

検索

海外姉妹校の話題

姉妹校 >> 記事詳細

2017/12/16

【国際交流】 アメリカ研修通信13 Breaking my own shell

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

早いもので、研修終了まで残り2日となり、更には大学でのESL研修は本日で終了です。
大学自体も明日からクリスマス休暇になるため、キャンパスは閑散としています。
いつもは人でごった返してるカフェテリアも静か。

昨日の午後、ペンシルベニア州が誇る州立大学、UPennを訪問し、様々な叡智に触れた佐野日大一行。
実は、その遠足のあとキャンパスに戻り、あることをしました。
研修全体の折り返しとなる昨日、ここまでの振り返りセッションをしました。

生徒の日記にあるコメントを読めばお分かりの通り、「〜をしました」などという表面的な話ではなく、更にそこから何を感じ、何が自分を成長させてくれたのか、自分には何が足りていないのか、それを話し合いました。

トップバッターを切ったのは、なんと今回参加の最年少、山本君でした。
彼は目に涙を浮かべつつ、今までの自分に欠けていた足りないものがわかり、それがわかった今は大きな成長を感じている、と述べていました。
彼に感化され、次々と手があがります。


高校の吉川君


高校の福富さん


中等の山本さんと田中さん
(本当はもっと話をした生徒がいたのですが…)


彼らのピュアで素直な感想を聞いていて、引率者は自然と涙を浮かべてしまいました。
生徒の参加をまざまざと感じたからです。
全員がそれぞれの尺度で、それぞれの歩幅で成長していることを確信し、本当に良かったと感じられる瞬間でした。



00:58 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。