▼サニチ中等模試 申込サイト
 
 
▼令和2年度 教員採用
 
▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
 
 
 
 

 

 
各種証明書の発行について
 
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №47

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数11479239
Since 2010/04/01

ログイン

検索

 

 ▲本日9月17日(火) 夜19:00よりスタート!今週は羽生・久喜・宇都宮・小山で実施します!

 ▲第1回模擬試験の結果返却日は 9月22日(日)です。詳細は上記バナーをクリック!

 次回の説明会は10月2日(日)です。内容の詳細は、上記バナーをクリックしてください!
 
国際交流プロジェクト

 
 
新着情報
 RSS
【2年生】国内短期研修 フォトアルバム
キャンパスライフ
09/19 08:51
【教務】本日の主な行事等(9/19・木)
パブリックスペース
09/19 08:30
【3年生】英語 佐藤真海さんをご存じですか?
キャンパスライフ
09/19 07:46
【3年生】英語 英単語コンテスト
キャンパスライフ
09/19 07:42
【ソフトテニス部】3連休の練習
部活動
09/19 07:38
【教務】本日の主な行事等(9/18・水)
パブリックスペース
09/18 08:30
【ディベート部】補習&練習試合
パブリックスペース
09/17 11:48
【教務】本日の主な行事等(9/17・火)
パブリックスペース
09/17 08:30
【和太鼓部】保護者へのお礼演奏
部活動
09/17 07:42
【教務】本日の主な行事等(9/16・月)
パブリックスペース
09/16 08:30
日誌

2019/06/13

【国際交流】マレー半島FW通信17

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
イオンでの研修の後、同じ地域にあるブルーモスクを訪れました。
このブルーモスクの訪問も第一回目のマレーシアフィールドワークから続けて実施しているアクティビティーの1つです。

マレーシアは世界に誇る多宗教・多文化の国です。
ヒンズー教、イスラム教、仏教、キリスト教などの世界4大宗教が1つの国に凝縮されています。これらの宗教また文化に属する人々はとても合理的にそして平和的に共存しています。
しかし残念なことに、日本においてはイスラム教徒に対する認識と言うのは決して10分では無いように思います。それどころか暴力的で好戦的と言うメディアのイメージが定着してしまい、本当の姿を認識することが難しくなっています。
今回のこのプログラムで生徒たちに「本当の姿」を自分の目で見て知って欲しかったのです。

生徒たちの後に控えるのがブルーモスクです。
建物の先端にあるドームがとても印象的です。
ガイドの方の話によると、このモスクは1988年に再建され何回かのイノベーションを経て現在の姿になっています。インドネシアのジャカルタにあるモスクについて南半球では2番目に大きいサイズです。
驚くことに2018年度は28,000人もの日本人がこの場所を訪れているそうです。

 
女子のみなさんは戒律上肌を露出してはならないため、専用の顔に身を包みます。
しかし着慣れないこのガウンの姿にとても恥ずかしそうです。
 
このブルーモスクの特徴はミナレットと呼ばれる4つの尖塔にあります。
この尖塔には大型のスピーカーが設置されており、1日に5回行われるお祈りの時間を知らせます。そして建物のほとんどは大理石で作られており、暑い日差しの中でもひんやりと過ごしやすい空間を作っています。
  
ガイドの方のお話によると、お祈りは常にどのような場所であってもメッカの方向向いて行われるそうです。正しいメッカの位置を確認するために、今では専用のアプリケーションが開発されとても便利になったと言うことです。さらに季節によってお祈りの時間が微妙に変化するらしく、その時間を正確に伝えるためのアプリケーションまで存在するそうです。
普段の生活では絶対に触れることができない内容を知り、現地の生徒たちも真剣に話に聞き入っていました。
見学の最後の方では「イスラム教徒がなぜ1日に5回もお祈りをするのか」その理由を教えていただきました。
①今の自分が存在していることに対しての感謝
②今までの自分が犯してきた罪に対する謝罪
③さらに良い人間になるためアッラーからの導きを求めるためのお願い

本来は純粋なまでに神であるアッラーの庇護を求めるイスラム教徒は、ほんの1部の暴力的な過激派により、世界的に悪い評判を得てしまっていることをとても残念であると語っていました。
しかし、実際のモスクワを訪問すると、それらの報道はとても断片的であり本当の姿を伝えていると言うことではないと分りました。
ブルーモスクにいたイスラム教徒はとても平和的であり、平穏な姿を我々に見せていました。
とても考えさせられる場面となりました。


00:20 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)



 
 
             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。