平成30年5月1日(火)
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 

〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 

広報わかざくら №40

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数9358387
Since 2010/04/01

ログイン

検索

国際交流プロジェクト


 

活躍する生徒たち
.
 
新着情報
 RSS
【教務】本日の主な行事等(4/27・金)
パブリックスペース
04/27 07:29
【美術部】佐野市役所で展覧会
部活動
04/26 21:00
【2年生】体育の授業
キャンパスライフ
04/26 14:45
2018/05/08 臨時バスダイヤ(PTA定期総会・...
パブリックスペース
04/26 12:31
2018 バスダイヤ(4/26 一部修正)
パブリックスペース
04/26 11:20
【理科室通信】シャルルの気持ち
コミュニティ
04/26 10:00
【教務】本日の主な行事等(4/26・木)
パブリックスペース
04/26 07:28
【前期課程】スマホ・ケータイ安全教室
キャンパスライフ
04/25 23:00
【生健】 携帯・スマホ安心安全教室(前期課程)
パブリックスペース
04/25 20:21
【理科室通信】数値化できるといろいろ便利
コミュニティ
04/25 13:28
日誌

2017/04/15

メッセージワーク~3.11を語り継ぐ旅2~フォト2

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
   メッセージワーク~3.11を語り継ぐ旅2
             フォトライブラリVol.2
 
 3月下旬に宮城県石巻市と女川町を訪れた旧6年生(卒業生)たちは、津波で多くの犠牲者を出した大川小学校を見学したのち、石巻市内のホールで、NPO法人カタリバの佐藤敏郎さんによるワークショップに臨みました





カタリバの「ジョン」こと林さんの司会で、ワークショップが始まります。
メンバーはまず、「なぜ、今というタイミングで被災地を訪れたいと思ったのか」について、
それぞれの視点を発表しました。

続いて、「津波が来るまでの51分間、先生や子どもたちの精神状態はどうだったか?」
「なぜ逃げることができなかったのか?」などの問いについて、考察・話し合いが持たれました。



メンバーは真剣に考えています。そして、自分の考えをワークシートに書き込んでいきます。

グループディスカッションの場面では、敏郎さんや、カタリバの「ありぷー」こと多田さんも中に入り、
メンバーの思考の枠を広げ、話し合いを活性化させてくれました。





このワークショップは、話し合いを通して1つの「結論」を出すのではなく、1人ひとりにとっての3.11の「意味づけ」をすることを目的に行われました。メンバーはそれぞれ、自分の視点から大川小学校での出来事を捉え、意見交換をすることで新たな見方を得たりしていました。

夕食後は地元の高校生と交流しました。同世代の「被災経験」「復興への目線」などの話を聴き、現在の自分の暮らしが決して「あたりまえ」のものではないことを実感したメンバーもいました。



夜9時ごろ、この日のプログラムは終了しました。明日もスケジュールがぎっしりです。
特に、女川の復興についての話を直接現地の方から聴けるのは、メンバーの目線や思考に大きな影響を与えると思われます。

その模様は次回、Vol.3でお伝えします。
09:50 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)



 

▼こちらから、過去の「佐日中等教育学校だより」がご覧いただけます▼

             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。