▲ 平成31年度 募集要項はこちら
 

知られざる佐野ゆかりの偉人
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 

広報わかざくら №42

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数9977307
Since 2010/04/01

ログイン

検索

入試関係イベントのお知らせ
 9月30日(日) 9:00~9:30受付10月21日(日) 10:00~11:30  
 第2回 佐日中等模擬試験 ◀入試問題の傾向と対策 説明会 
9月30日() 第2回佐日中等模擬試験 日程10月21日() 入試問題の傾向と対策 日程
   受付
   受験上の注意
   第一限目国語
   第二限目算数
   下校
 9:00~ 9:30
 9:35~ 9:45
 9:50~10:40
10:55~11:45
11:50~
   受付
   校長挨拶
   入試問題 傾向と対策
   入学試験要項説明
   下校(途中退室可)
 9:00~ 
10:00~10:10
10:15~11:30
11:30~12:00
11:30~
 2教科「国語・算数」、受験料は無料です。下段の
 バナーからお申込みください(当日受付も可能)。
 保護者対象説明会も実施(10:00~11:30)。
 すべての入学試験の問題について出題傾向を解説。
 入試の対策法もお話しします。本校受験希望の方は
 ぜひご参加ください。途中、入退室自由です。 
 
国際交流プロジェクト
▶ ーストラリアフィールドワーク2018 (09/13~22) ただいま実施中! 
 

新着情報
 RSS
日誌
佐日中等教育学校だより2018
12345
2018/09/22new

【国際交流】オーストラリア通信23 今から帰国

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

残念ながら、今日は帰国日。
楽しかった日々も今日で終わり。
少しだけ悲壮感が漂っています。
それに合わせてか、ケアンズは昨晩から雨。
気持ちを汲んでくれています。

空港出国ゲート前で。
前列右端がずっと我々の面倒を見てくださったガイドのジョーンズさん。
ちなみに日本人の方です。


搭乗準備が整いました。
我々の思い出を乗せて、無事に自宅まで届けてください。

成田には19時頃到着の予定です。
10:34 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/09/21new

【国際交流】オーストラリアFW通信22 いざケアンズへ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
学校に別れを告げ、Kuranda駅に向かいバス車内は水を打ったように静まり返っていました。
一人一人が余韻に浸っているのでしょう。

バスはKuranda駅に到着し、Scenic Railway=キュランダ観光列車に乗り込み、一路宿泊先のあるケアンズへ向かいます。





ご存知の方も多いかと思いますが、この電車は「世界の車窓から」のオープニングとして長らく日本でも紹介されたこともあり、とても多くの観光客に人気があります。

車内ではみんな気を取り直して一気に観光モード。

山の頂上から降ってくる電車からはケアンズの街が一望できます。

これが有名な橋脚「ストーニークリーク橋」です。
湾曲しているため、電車の全貌が見渡せます。

いつものオージーポーズ!

ホテルにチェックインし、夕飯を兼ねてケアンズ市内を観光します。



とても素敵な雰囲気のイタリアンレストランで最後の夕食を楽しみます。


団長の挨拶「団長としては何もできなかったかもしれませんが、みなさんの頑張りを見て僕もすごく影響を受けました。お疲れ様でした!!」という掛け声とともに食事開始。





夜の街を散歩。素敵な風が吹いており、南国の街を感じることができました。

ナイトマーケットでお土産を買い、ホテルへ戻りました。


一行は、明日オーストラリアに別れを告げ、日本に戻ります。
きっと機内ではさまざまな思いを胸に、帰路につくことでしょう。
安全のうちに帰宅できることを祈ります。
23:54 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/09/21new

【国際交流】オーストラリアFW通信21 別れーケアンズへ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
文化祭を楽しんでいた一行にも、刻一刻と別れのタイミングが迫ってきます。
荷物をまとめ最後のお別れをしに、学校を歩きます。
さまざまな場面でハグをしながら涙にくれる生徒の姿を見て、引率者の目頭も熱くなります。











もう説明の必要はありません。
いかに彼らが充実した日々を過ごしてきたか、そしていかに温かく迎えてくれたのか。
これらの写真が全てを物語っています。
本当に素敵な皆さんでした。

最後に学校をバックに全員で集合写真。
これからのSt. Stephen’s Catholic Collegeの発展をお祈りしています。
そして日本で来年会いましょう。

23:39 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/09/21new

【国際交流】オーストラリアFW通信20 St.Stephen’s Day参加

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

姉妹校滞在の最終日となった本日の様子をお伝えします。
先週の金曜日から合計で7日間をMareebaで過ごしてきましたが、結局一度たりとも雨に降られることはありませんでした。
本日も安定の晴天。
本当に素敵な朝です。
でも、今日の朝はいつもとは異なります。
今日はホストや学校の先生、そして出会った友人との別れの日でもあるのです。
少しうつむきかげんな生徒が多くいたように思います。

今日は今学期の最終登校日で、年に一回行われるSt. Stephen’s Dayという文化祭が行われる日。その場に同席させていただけるというとてもありがたい1日です。
学校名にもあるSt. Stephenというのはキリスト教上の人物で、彼の行いそして存在を祝うために特別なミサも行われました。
学校が所属する教区の牧師が来校され、約1時間に渡ってお祈りや賛美歌などの儀式が行われました。
そのミサの後半では佐野日大の生徒たちの紹介も行われ、生徒を代表して高橋君と大澤んが、そして学校を代表して引率者の丹野が英語で挨拶を行いました。

Pinese校長先生による佐日生徒たちの紹介。

学校間の記念品交換として、日光の「一筆龍」の絵を送らせていただきました。

「皆さんの何気ない毎日の生活に混ぜていただくこと、それが佐日の生徒たちに新しい気づきと学びを与え、ひいては人生を変えるきっかけになる、そんな機会をいただき感謝しています」と述べさせていただきました。

団長の高橋君は、「この7日間はオーストラリアを知る上で十分なながさではないけど、皆さんの人間としての暖かさを知るには十分なものでした」と。

大澤さんはこれまでの姉妹校関係に触れ「次は皆さんを日本でホストさせていただくことを楽しみにしています」と述べました。
この儀式が終わった後、楽しい催し物の登場です!

高校3年生の男子によるダンスパフォーマンスや、

各色ごとに縦割り班を組み、さまざまなテーマに基づいたダンスを行いました。

これらは「Talent Quest」と呼ばれ、本当の意味でさまざまな才能を持った生徒たちが学園祭を盛り上げていました。
どの生徒たちも自分自身に自信を持ち、力強く、胸を張って堂々と演じている姿を見て、将来の可能性はもとより、佐日の生徒たちもとても強く影響を受けたようです。

最後には地元のMareeba State Primary Schoolに在籍するアボリジニの生徒たちによる伝統的なダンスが披露されました。



久々の再会も果たしました!

このパフォーマンスの後、会場はさまざまなアトラクション会場に作り変えられ、日本の文化祭でも見ることができるようなアトラクションに参加することができました。
これらのアトラクションはそれぞれ2ドル程度費用がかかるのですが、これらはすべて寄付金として扱われることになります。

こちらはフリースローのアトラクション。ゴールを決めるとお菓子がもらえます。

腕自慢が卓球の勝負を挑んできました。テニス部の高橋君も善戦します!

バルーンダーツなども。

手作りお菓子などもふるまわれました。


なんだかとても楽しそうですね!

こちらは木陰でリラックス。美味しそうに頬張っています。


さて、このあとは学校に別れを告げ、ケアンズへ。
22:14 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/09/21new

【国際交流】中国語講座開講!

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
ニイメンハオ。皆さんこんにちは。本日の放課後から、いよいよ中国語講座が開始されました!
   
小倉校長「世界でもたくさんの人々の使用言語となっている中国語を学べる機会はとても得難いものです。がんばってください。」

中等教育学校5年の足立くんが、生徒代表の挨拶をしました。足立君は今年の5月に中国の月壇中学交流に参加しました。その時の経験も踏まえ、この講座に参加したそうです。そして最終的には、今回の挨拶を中国語で話したいという目標を掲げてくれました。
講師の陳順和先生から、早速「子音」の手ほどきを受けました。
皆さん、頑張ってくださいね。再見!
18:45 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
12345



 
 
             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。