▼令和2年度 教員採用 <New>
 
▼入学試験・編入学のお問合せはコチラ
 
 
 
 
 

 

 
各種証明書の発行について
 
 
 
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 
 

広報わかざくら №47

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲130年の輝きと共に未来を創る

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数11335032
Since 2010/04/01

ログイン

検索

理科目線クラブへようこそ!  258961COUNTER since 2010/08/01

理科室通信  ☆自然科学に関する様々なトピックスの紹介

理科室通信 >> 記事詳細

2018/12/18

【理科室通信】自然のパズル

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
あ~なんてことだ。
理科室通信で紹介しようと取っておいたものが、年を越してしまう。
年をとると一年がホントに早くて・・・(でも1日は長いな。)

で、本題
古くからある寺社の木はとても大きく育って、ご神木と呼ばれたりします。
広がった枝は、夏には木陰、冬には風を遮り、柔らかな陽だまりを作ります。
でも外の植物ですから、台風や虫などの影響で枝が折れたり、朽ちたりします。
すると、ぽっかりスキマが生まれます。

そのすき間は植物にとって一等地。光合成がたっぷり出来るスぺースです。
植物はそれを獲得するためにぐんぐん枝を伸ばしていきます。
異なる種類の植物だと、争奪戦が長く続きます。
同じ種類の植物だと、お互いが触れたところで、成長が止まるのだそうです。
すると、こんな感じになります。

お互いに譲り合ってちょうど良く収まるようになります。
風で枝がゆれてもあまりお互いの枝が邪魔をしません。
さわさわと鳴る風に、同じ土地で育つものどうし、仲良くやっていきましょうと
木々の声が聞こえるように思いました。
09:15 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。