知られざる佐野ゆかりの偉人
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
公式 Facebook はこちら!

公式 Twitter はこちら!
 








 
 

広報わかざくら №41

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

 ▲あなたとともに 100万人の仲間とともに

▼海外姉妹・協力提携校HP

 ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

 セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

 セコラ・スリUCSI(マレーシア)

 北京月壇中学校(中華人民共和国)

 キングエドワード6世スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
Radio Berry 76.4FM
 
訪問者数9707001
Since 2010/04/01

ログイン

検索

海外姉妹校の話題

姉妹校 >> 記事詳細

2017/12/18

【国際交流】 アメリカ研修通信16 さらばチェスナットヒルカレッジ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
みなさんこんにちは。

ついに別れの朝です。
午前9時にキャンパスに集合し、バスでニューヨークに向かいます。

各家庭、いつものようにホストの送迎でカレッジに集合です。
ただ、今朝はどの生徒も少し悲しげ。
ここまで本当に面倒を見てくれた家庭とのお別れです。
田中・杵渕ペアのホストマザーは、4年前に娘さんを亡くされるという辛い過去をお持ちでした。そんな自分が少しでも同年代の若者のために何かしたい、という気持ちでホストをしてくださっていました。


高校の女子4人集は、Mama Elainさんのご家庭に滞在。
Mamaの娘さんのお宅と二手に分かれて、本当に暖かい家庭を提供していだたきました。

中等の山本・稲葉ペアのホストマザーSuzanさんは2人を我が子のごとく、本当に可愛がってくれました。別れがあまりにもつらく、思わず泣きながらハグをしてくださいましたね。

手元に青い封筒が見えますか?
なんと2人から感謝の手紙を手渡されたようです。

中等のジェントルマン 山本・小暮ペア。このご家庭は多くの留学生をホストしており、本当に家族ぐるみの暖かい家庭を提供してくださいました。
帰り際、本当にこの2人をホスト出来て光栄です、とのお言葉を頂けたのがとても印象的でした。

高校の吉川・中島ペア。ホストマザーは牧師兼地元の子供達のために学校を開校されており、本当にお忙しい中での受け入れでした。そんな中で、教会でのお手伝いなど、なかなか出来ない体験もさせていただきました。


最後に、この素晴らしいホストファミリーをアレンジしてくださったコリンさんとともに。

今からバスでニューヨークへ!!
待ってろ、ビッグアップル!!
こんな巨大なバンで移動します。

13:12 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。