令和3年度入学試験

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
各種証明書の発行について
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №53

  
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

10月4日は 日本大学創立記念日!

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数14543804
Since 2010/04/01

ログイン

検索

◆2017 さのフェス (2017.3.12)

生徒会のモットー

一、和をもって貴しとなすべし。
一、全体の奉仕者たるべし。
一、自ら考え、判断し、すばやく行動するべし。
一、他の生徒の模範たるべし。
 
いじめ撲滅キャンペーンを実施しています
 

令和元年 生徒会役員 所信表明

 

日誌

生徒会だより >> 記事詳細

2020/10/22

【生徒会】決意表明

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
新生徒会が発足し、活動がスタートしました。
それにあたり、新生徒会役員の決意表明を紹介いたします。

生徒会新役員コメント


・会長 4年1組 田中菜々

私は、皆が前向きに、生き生きとした学校生活が送れるような活動をしていきたいです。また、もっと多くの人に生徒会の活動について知ってもらい、興味を持ってもらえるようにしたいと思います。


・副会長 3年1組 江森瞳

副会長としてしっかり会長をサポートしたいです。よろしくお願いします。


・副会長 3年1組 大嶋一颯

生徒会が楽しく学校生活を送れるように精一杯頑張ります。


・執務委員長 4年1組 井上拓実

私は今まで合計3年間、生徒会の活動にかかわってきて、今までの生徒会でどのようなことをしてきたかわかるので、会長の補佐をしつつ、今までの経験を生かして、積極的に活動していきたいと思う。


・副執務委員長 2年1組 廣瀬乃々佳

生徒会の活動を知ってもらうために、日々の活動の様子をたくさん発信していきたいと思っています。


・副執務委員長 1年1組 岡田栞音 

生徒会の一員として、責任を持って仕事に取り組みたいです。


・議長 4年2組 馬場楓

今年度は新型コロナウイルスによって行事を行うことができない為、学校を明るくする為に定期的にあいさつ運動を行いたい。また、みなさん一人一人に学校生活において主役であってもらいたい。


・副議長 2年1組 林咲結理

生徒会員が快適に過ごすことができるように、日々の清掃の時間から校内を綺麗にしていきたいと思っています。


・副議長 1年1組 宮崎高虎

僕は役員になって、議長をサポートすることだけでなく、たくさんの行事に積極的に参加してこの学校の良さというものをたくさんの人たちに知ってもらえるように頑張りたいです。


・書記委員長 4年2組 金子留玖

私は役員になり、生徒会に入ったことで出来るような体験をして自分自身を高めるためにも活動をしようと考えています。よろしくお願いします。


・副書記委員長 3年1組 岩下愛李

私は、この学校を学年を問わず仲の良い学校にしていきたいです。よろしくお願いします。


・広報委員長 4年3組 吉川遥 

広報委員長として、この学校の良い所を知ってもらえるよう努めていきたいと思っています。また、少しでも学校生活が楽しいと思っていただけるようサポートしていきますので、ご協力と応援よろしくお願いします。


・副広報委員長 3年1組 小川真鶴

副広報委員長として役割を果たし佐日中等の良さを皆様に広めていきたいと思っています。よろしくお願いします。


16:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)

生徒会活動


日常生活
 ・巡回、声掛け
 ・あいさつ運動
 ・ボランティア活動
 ・いじめ撲滅運動
 ・全校委員会
 ・リーダー会議 等
イベント運営
 ・全校集会
 ・リベラルアーツ
 ・文化祭体育祭
 ・宿泊研修 等
③郊外活動
 ・日本大学
  
付属高交流
 ・高体連高文連
 ・七虹連交流
 ・全国いじめ問題
   子供サミット
 ・エコキャップ活動
 ・フードドライブ
 ・ユネスコ
 ・募金   等
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。