各種証明書の発行について
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №51

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

創立130年!日本最大規模の大学

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数13548199
Since 2010/04/01

ログイン

検索

日誌

社会科通信 >> 記事詳細

2014/04/17

【反転授業】日本史「日本書紀と稲荷山古墳鉄剣銘」

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさん、こんにちは。反転授業・日本史のコーナーです。
今回は日本史につきものの史料についてお話していきます。
なぜ高校日本史では史料を扱うのでしょうか!?
日本書紀(二次史料)と稲荷山古墳出土鉄剣銘(一次史料)の比較から考えてみましょう。


  ▼ 動画が見えにくい人はフルスクリーンモードにしてください。

 

『日本書紀』では「天皇」の称号が使われています。私たちも無意識に神武「天皇」や武烈「天皇」、雄略「天皇」などと慣例的に呼称します。しかしながら、当時から「天皇」という称号は使われていたのでしょうか。一次史料である埼玉県稲荷山古墳出土鉄剣の金石文からは「天皇」について、どのようなことが確かめられ、また、どのようなことは修正を要するということが分かるのでしょうか。


稲荷山古墳出鉄剣銘には、オワケの臣が「獲加多支鹵大王」の統一事業を補佐したことが記されています。この「獲加多支鹵大王」は雄略天皇、つまりは『日本書紀』の大泊瀬幼武天皇とされています。このことにより、雄略天皇の実在の可能性が確かめられましたが、「天皇」号ではなく「大王」号が使われていたことは修正を要する必要があるのですね。


 


19:11 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 反転授業

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。