各種証明書の発行について
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №52

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

創立130年!日本最大規模の大学

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数14031060
Since 2010/04/01

ログイン

検索






 ▲新型コロナウィルス感染症対策のため、事前申込をお願いいたします。

 ▲1日1組限定、本校で行う「ナイト説明会」。参加ご希望の方は事前申込をお願いいたします。

  ▽ イベントの詳しい内容お申し込みは画像をクリックしてください! 
 
 

令和2年度 各種修学支援制度のご案内

こちらをご覧ください。
R2各種修学支援制度のご案内.pdf
 
新着情報
 RSS
日誌

2017/06/16

東大プロジェクト・医学部プロジェクト3

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
東大プロジェクト・医学部プロジェクト
               今月も開催!

  

毎月恒例の「東大プロジェクト」「医学部プロジェクト」が、今月も15,16の両日に実施されました。今回は「もっと時間を延長してほしい」という参加メンバーからのリクエストに応え、各教科ともバージョンアップした内容になりました(^^)/

おなじみ、数学の和田先生。優しい笑みを浮かべつつ、生徒の問いかけに答えます。

参加メンバーは和田先生から示された課題と格闘しています。前期課程(1~3年生)の生徒たちが、学年の枠を超えて座り、時にコラボしながら課題に挑みます。ここに、グループ形式のアクティブラーニングの導入がみられます。

生徒が見つめる中、鮮やかに設問を解説してみせる和田先生。職人技です(^m^)

教壇からおりて生徒の中に入り、熱のこもった解説を展開します。レクチャーとアクティブラーニングを巧みに使い分けて、和田先生の授業が進んでいきます(^O^)

24,25日に文化祭・体育祭を控え、その準備に忙しい日々ですが、参加メンバーは意識を上手に切り替え、高い参加意識で講座に集中しています。4月に入学したばかりの1年生といえども、上級生に引けを取らない熱意と集中度を発揮します。

生徒1人ひとりの答案を見ることも忘れません。解いたものは必ず見せてね、とメッセージを発していました。

そして、今回の「おみやげプリント」。暗記法についてのアドバイスです(^_^)
「晴(HAL)SYSTEM」=ハイパーアクティブラーニングの一環として、科学的・効率的学習法を紹介しています。こうした取り組みは、来月も、夏休み中も、ずっと継続していきます。
18:17 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
活躍する生徒たち
 ◆2019年度
 ►栃木県教育委員会各種大会優勝者表彰 ►歳末助け合い運動募金 佐野市長訪問
 ►ユネスコスクール服の力プロジェクト感謝状 ►中学生「税の作文」関東信越国税局長賞受賞!
 ►中学生「人権作文コンテスト」県最優秀賞受賞! ►ロボット部日大ロボットコンテスト初出場!
 ►ディベート部関東甲信越秋季大会出場! ►ディベート部佐野市中学生親善大会優勝!
 ►関東中学校水泳大会入賞! ►国際理解英語弁論大会県大会最優秀賞受賞!
 ►水の作文コンクール栃木県審査会表彰式 ►水の作文コンクール栃木県審査会に多数入賞!

 ◆2018年度
 ▶第38回国際理解英語弁論大会県大会最優秀賞! ▶英語弁論大会全国3位 国際協力機構理事長賞!
 ▶JAXA 君が作る宇宙ミッション 全国20名に選抜! ▶中学生水の作文コンテスト県審査会9名入賞!
 ▶県中学総体水泳競技背泳関東大会出場決定! ▶第42回関東中学総体水泳競技背泳第6位入賞!
 ▶第42回全国高校総合文化祭和太鼓部(後期)参加! ▶国民体育大会馬術競技で少年の部第6位入賞!
 ▶第68回中学生作文全国大会へ!県最優秀賞受賞! ▶第59回秋季関東大会へ!県準優勝 軟式野球部!
 ▶第68回全国学生書道展覧会で文科大臣賞受賞!
 
国際交流プロジェクト

 
 
 令和2年 オープンキャンパス説明会 のお知らせ
 



 
 
             
 

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。