各種証明書の発行について
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №52

  
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

10月4日は 日本大学創立記念日!

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数14281058
Since 2010/04/01

ログイン

検索

海外姉妹校の話題

姉妹校 >> 記事詳細

2016/09/08

【国際交流】 オーストラリアFW通信③ ケアンズ散策~キュランダへ

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさんこんにちは。

FW参加者一団は、台風の影響もなく、全員無事に姉妹校のあるマリーバへ到着いたしました。
ケアンズ到着からキュランダへの道中を簡単にお伝えします。

①空港到着!! 若干眠そうな人が多いのですが、何とか頑張ってバスまで到着。
  
「行くぜケアンズ!!」とばかりに、乗り込みます。

ケアンズ市内はとても心地よい気候で、本当にトロピカルな雰囲気満点です。
おしゃれなカフェで朝食を楽しむ者もいました。


ケアンズからSKyrailでキュランダへ向かう前の集合写真です。
みんな素敵な笑顔です。


みんながやってるポーズですが、これはいつのまにか定着した「オージービーフポーズ」というものです。やはりオーストラリアと言えば、これですね。

②Skyrailへ
Skyrailとは、簡単に言えばケーブルカーです。
でも普通のケーブルカーではなく、世界遺産に登録されたケアンズの熱帯雨林を一望できるケーブルカーなんです。この熱帯雨林は1億5千万年前の状態がそのままに残されているといわれ、つまりは太古の恐竜時代の植物ということになります。

Skyrailを途中下車し、実際に植生についてレクチャーを受けることができました。


その後、アボリジニ(=オーストラリア原住民)のジャプカイ族が多く住むキュランダ村を訪れ、昼食や買い物を楽しみました。

そこから約30分ドライブすると、いよいよSt. Stephen's Catholic Collegeに到着です。
急にみんなが緊張の面持ちに変わります。そうです、ホストとの対面です。
「先生ぇ~、英語がぁ~!!」などと嘆いていては仕方がありません。失敗を恐れずチャレンジです!!
  

生徒たちはそれぞれホスト宅へ引き取られホームステイ生活のスタートです!!
さて、明日は全員笑顔で登校できるか!!
こうご期待。
16:58 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。