各種証明書の発行について
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №52

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

創立130年!日本最大規模の大学

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数14048109
Since 2010/04/01

ログイン

検索

日誌

社会科通信 >> 記事詳細

2014/08/24

【反転授業】環大西洋革命

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理

みなさん、こんにちは。世界史反転授業のお時間です。
今回は環大西洋革命。
18世紀後半~19世紀前半に大西洋を挟んだ地域において革命・独立運動が起こります。
その一連の流れを大西洋革命というのですが・・・
なぜ18世紀後半~19世紀前半という時期に独立や革命が起こったのでしょうか?
動画を見て確かめましょう。




七年戦争後、イギリスは世界市場を獲得します。この世界市場の獲得はイギリス産業革命の一因となります。また世界市場の獲得により北米で優位に立ったイギリスは、フランスの脅威が無くなったことにより重商主義政策を強化します。これに不満をもったアメリカで独立革命が起こったのでした。独立戦争勃発当時、植民地の世論は独立賛成派は多くはありませんでした。そこで独立宣言をだして自己の戦争の正当化を行ったことにより、世論は独立に傾き諸外国がアメリカ側に参戦する契機となったのでした。この戦争に介入したフランスでは財政危機が国家的危機レベルにまで達し、財政改革が失敗したことによりフランス革命が起こります。独立宣言や人権宣言に影響を受けていたラテンアメリカ植民地でもヨーロッパ本国が混乱すると、独立運動が起こるのでした。








09:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 反転授業

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。