各種証明書の発行について
 
 
 



〒327-0192栃木県佐野市石塚町2555
℡:0283-25-0111/Fax:0283-25-0441
 
 

広報わかざくら №51

  
 
 
 

大学資料請求はこちら

大学資料請求はこちら
 
■外部リンク集

創立130年!日本最大規模の大学

▼海外姉妹・協力提携校HP

ストラットフォードガールズグラマーS(イギリス)

セント・スティーブンスCC(オーストラリア)

セコラ・スリUCSI(マレーシア)

北京月壇中学校(中華人民共和国)

キング エドワード 6世 スクール(イギリス)



JBKジュニア防災検定
 
訪問者数13548223
Since 2010/04/01

ログイン

検索

百人一首についての雑記です。

百人一首・あれこれ >> 記事詳細

2018/07/03

【百人一首】54 わすれじの

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理
 わすれじのゆくすゑまではかたければ けふをかぎりのいのちともがな
  (忘れじの行く末までは難ければ今日を限りの命ともがな)


作者は儀同三司母。儀同三司は藤原伊周のこと。藤原伊周は道長の兄道隆の嫡男で、中宮定子の兄にあたる方です。つまり、中宮定子の母でもあります。
漢学を修める高階家の出身で貴子というお名前だったようです。この母あっての中宮定子の教養の深さで、それがあったからこそ清少納言は生き生きと宮仕えできたのではないかと思います。

意味は、

いつまでも忘れまいというあなたの誓いは嬉しいけれど将来まで変わらず守られることは難しいので、その言葉を聞いた今日のこの日を限りに命を終えてしまいたいものです

という感じですね。
藤原家と高階家の身分の差が込められた和歌にも感じます。

文法的には「もがな」という終助詞が「~たい」という願望を表すものだということを覚えておいてほしいです。
かるたのときには、下の句が「けふ」で始まるものがもう一首ある(「いにしへの」)ため、お手付きをしないように気を付けましょう。そこが、いろはかるたとは違う、百人一首ならではの難しさですね。

自分は中高生の頃は、枕よりも断然源氏の方が面白い!!と思っていたのですが、最近では中関白家の人々の話に興味があります。
14:00 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)

トップページへ

本校では在校生、保護者、教職員、関係者の人権と学校生活の保護のため、サイト上の掲載物に関して、在校生、保護者、教職員、
関係者の人権、名誉を傷つけたり、画像・映像の複製を無断で使用した場合には法的措置をとらせていただくことがあります。